自転車

【キャットアイ】VOLTマウント部分の修理

投稿日:2020年11月20日 更新日:

先日のこと、サイクリングへ出かけているカミさんから LINE 通知が。

「ライト(キャットアイ VOLT700)が壊れてくっつかなくなった!!」

はぁ??

取り付け側の爪でも折れたのかと思ったのですが

もぎたてVOLT

見たことない光景…

手元にあるVOLT800と見比べて、状況を把握するのに数分かかりました。

カミさん曰く「普通に取り外したらこうなった」との事ですが

絶対力技でもいだだろ?

しかしよく見ると、ライト側のマウント部分である「ブラケットスペーサー」を固定するネジがなくなっているようです。

ネジが緩んで脱落したところに、トドメを刺したっぽい?

結局その場は応急処置としてセロテープでぐるぐる巻きにして凌いだそうです。

日中だったのが不幸中の幸い。

「キャットアイダイレクト」で補修パーツを購入

上が購入したばかりのマイVOLT800、下がカミさんに召し上げられた後に破損したVOLT700です。

キレイな感じで壊れていますね♪

ネットで調べたところ、破損した部分だけをパーツ購入できるようです。

  • 名称「ブラケットスペーサー」
  • 型番(5445330)
  • (税別)300円

Amazonで取り扱っているのですが、2000円以上の合わせ買い対象である上、普通に買うとネジは付属していません。

ネジだけ別途ホムセンで買おうかと思いましたが、かなり特殊なネジで入手困難のようです。

しかし解決策はありました。

キャットアイ直営のオンラインショップ「キャットアイダイレクト」で、購入の際ネジが必要である旨を伝えれば無料で添付してくれるとのこと。

オーダーフォームの備考欄に「VOLTの形式とネジの件」を記入して注文したところ、ちゃんとネジ付きで送ってくれました。

送料もかかることだし再発に備えて2個購入、全部で1,430円でした。

1.5mmのアーレンキー(六角棒レンチ)を使います。

ディレイラーの取付作業で2mmは使った記憶がありますが、1.5mmは初めてでは…?

ネジの緩みを防止するロックタイト的なものを塗布して締めました。

パーツ取付に有益なアイテムです。

幸いネジ穴も潰れておらず、簡単に作業終了しました。

ついでに「ゆるふわーくす」防眩シェードを取り付け

明るさに定評のあるVOLTシリーズですが、対向車からすると「仇」となることも多いです。

先日購入した「ゆるふわーくす」さん制作の防眩シェードの取り付け作業も行いました。

省力化のためにアルミホイルでなくアルミテープを近所のホムセンで購入したのですが、いい値段しますね…。(汗)

他に使う予定もないのでAmazonで売っている少量のやつにしておけば良かった。orz

同梱されている結束バンドで固定するのですが、振動で外れる恐れがあるので両面テープの上から固定するのがお勧めだそうです。

両面テープを切らしていたので、ブチルテープ(自己融着テープ)で流用しました。

ハンドルバーに巻き付けた上からマウント器具などを固定するとガタツキがなくなるので重宝しています。

引っ張って伸ばして重ねて放置すると、勝手にくっ付くというシロモノです。

糊のないビニールテープみたいな感じで、剥がした後もキレイです。

完成です。

実際に使った感じでは上への照射が抑えられ、その分下が明るくなっている感じです。

日中は点滅で使っているのですが、回転している前輪を一定タイミングで白く照らすので「前輪何か踏んで白い汚れが付いている??」と勘違いしたほどです。

今まではそんなことありませんでした。

見た目がスマートでなくなるのが難点ですが、光軸にナーバスにならずに済むのでお勧めです。

-自転車

Copyright© 理系な人の趣味ブログ , 2020 All Rights Reserved.