ロードバイク初心者の購入インプレ等

四日市の理系整体師のブログ

Rapha(ラファ)

【Rapha】防水ポーチ「Rainproof Essentials Case(LARGE)」の比較レビュー

更新日:

サイクリング用の財布としてラファの新商品「レインプルーフ・エッセンシャル・ケース(ラージ)」を購入しました。

「ライド用ポーチ」も自分の中ではちょっとした「沼」でして、なかなか「これだ!」というものに出会えていません。

果たして今回購入した商品はいかに…?

エッセンシャル・ケースの種類

ラファのサイクル用ポーチとして「エッセンシャル・ケース」があります。

最近になってその大きい版が追加されました。

エッセンシャル・ケースですが、材質や機能性によって

  • ノーマル(皮革)
  • Lightweight(布製)
  • Reflective(反射素材)
  • Rainproof(防水)

といった種類があります。

2年前から革製のエッセンシャル・ケースに「マルチツール」等を入れて使っていますが、防水性・伸縮性があるので重宝しています。

ただこのサイズだとスマートフォンが入らないので、それとは別に大き目のポーチを購入して「財布兼スマホ入れ」として使ってきました。

ライドポーチ類

スティッキーポッド(ラージサイズ)

サイズと機能性は好印象なのですが、見た目のヤモリ(?)が存在感がありすぎて…。下向きで入れれば見えないのでしょうが。

リラックマ・ライドポーチ

外観の質感はとてもいいのですが、中のポケットの縫製がほつれてきてしまって、ちょっと残念。

スマホケースを手帳型に変えたので、もう少し全体のサイズ(or 開口部)が大きい物が欲しいと思うようになりました。

そんな折にラージサイズのエッセンシャル・ケースの発売を知り、飛びついたわけです。

開封の儀

カラバリは現時点では

  • オレンジ(Bright Orange)
  • グレーがかった青(Grey Blue)
  • 青緑(Teal)
  • 黒(Black)

の4色展開です。

オレンジ以外は在庫がなく、ちょっと躊躇したのですが、明るい雰囲気もいいかと思って買っちゃいました。

Rapha Rainproof Essentials Case (Large) Rapha Rainproof Essentials Case (Large) Rapha Rainproof Essentials Case (Large)

内側のポケットの構造は、ノーマルの「Essentials Case」と同じで、ジップなしポケット×1、ジップありポケット×1です。

Rapha Rainproof Essentials Case (Large) Rapha Rainproof Essentials Case (Large)

サイズ比較

少し前にセールで購入した「Lightweight Essentials Case」とのサイズ比較です。

Rapha Rainproof Essentials Case (Large)

ジップも止水タイプかどうかの違いがあります。

Rapha Rainproof Essentials Case (Large)

下は「Lightweight Essentials Case」の内側です。

Rapha Lightweight Essentials Case

「Xperia XZ」を重ねてみました。ちょっとゆとりがあります。

「Xperia XZ」のサイズですが、約「146 x 72 x 8mm」。

歴代の「iPhone Plus」シリーズ、は約「158 x78 x 7mm」ですので、長さで1cm強、幅で5mmほど「Xperia XZ」より大きいことになります。

やはり公式の説明にあるように「iPhone Plus」を意識して作られたサイズみたいですね。

Rapha Rainproof Essentials Case (Large)

他に物を収納せず、スマホを裸のまま出し入れする分には快適です。

Rapha Rainproof Essentials Case (Large)

ちなみにノーマルサイズのエッセンシャル・ケースでも「Xperia XZ」はギリギリ収まりますが、ジップが締めれません。

Rapha Lightweight Essentials Case Rapha Lightweight Essentials Case

実際に使ってみて

色合い、クオリティなどは「さすがラファ」といった感じです。

派手かな?と思ったオレンジですが、休憩中に眺めていると華があってイイですね!

Rapha Essentials Case Pink & Orange

薄手のスマホカバーで使う分には、丁度いいサイズです。

「サッ」と取り出すことができ、ライド中の写真撮影も捗ります。

休憩の際、ジャージのポケットの中で蒸されて表面に水滴がついていたのですが、中の紙幣が湿ることもなく安心しました。

ちなみに手帳型(厚み2cm弱)のスマホカバーで使おうとすると、出し入れがちょっとストレスでした。(別に引っ掛かったりするわけではありませんが)

Rapha Rainproof Essentials Case -LARGE-

結局これをきっかけに、スマホカバーを手帳型から薄型に戻しました。

総じて悪くはないのですが、もうちょっと大きくてガバッと開くと便利だと思うのですが…。

スティッキーポッド

「Sticky Pod」の内側です。180度に開くことができ、収納も充実しています。

スティッキーポッドの構造と大きさで防水加工なエッセンシャル・ケースも作ってくれませんかね、ラファさん…? |д゚)チラッ

Rapha「Rainproof Essentials Case(LARGE)」のお薦め度 

「財布&スマホ入れ」として使う場合、スマホ&カバーのサイズ・厚みによって、使いやすさの印象が変わりそうです。

「iPhone Plus」サイズで手帳型ケースを使っていると、出し入れがストレスになりそうな気がします。

他のメーカーの似たようなポーチを買っても3000円弱するので、4000円という価格設定は好印象です。

おまけ「Tails Days スマートライドポーチ」のレビュー

上の「エッセンシャル・ケース(L)」と迷っていた候補の方も、結局買ってしまいました。

こちらは「スティッキーポッド」の短い版という感じです。

スマートライドポーチ

内側に4つのポケットがあります。全開になるところがイイです。

スマートライドポーチ

薄型スマホカバーだと余裕を持ってスルッと収まり、手帳型だとゴムが伸びてピッタリ収まる感じです。

スマートライドポーチ

左下のジップポケット(肉球イラストの部分)は、裏表ともナイロン地で防水性能が高そうなので、紙幣を入れるのが良さげです。

スマートライドポーチ

表面は「ネオプレーン素材」で、アマゾンの説明によると汗くらいなら大丈夫らしいです。

でも完全防水ではないので、ちょっと使い方を選びますね。

それでもかなり魅力的な商品です。

シーンを選びながら、こちらも使っていきたいと思います。

-Rapha(ラファ)
-

Copyright© 四日市の理系整体師のブログ , 2018 All Rights Reserved.