GARMIN(ガーミン)

【Garmin Varia】リアビューレーダーをサドルに取付

投稿日:2018年3月21日 更新日:

ガーミンの「リアビューレーダー(Varia Rearview Radar)」ですが、最近はこれなしではストレスを感じるくらい頼りにしています。

Garmin Varia J リアビューレーダー
【Garmin】リア・ビューレーダー「Varia Rearview Radar」は楽しい!

先日ご紹介した「ガーミン Varia Vision J」が届く前に、既に発売されていた「ガーミン Varia Rearview Radar」を買ってみました。 これら2つを組み合わせて使用することで、 ...

続きを見る

ちょっと気になるのは、シートポストに取り付けるためのマウントしか付属していない点です。

ロングライド時に大容量のサドルバッグを付けようとすると、リアビューレーダー装着をあきらめるか、以前やっていたようにヘルメット後方に取り付けるしかありません…。

ガーミン Varia リアビューレーダー ヘルメット取り付け

そして個人的に気になるのは、後方からの「見た目」です。

スッと上下に伸びるシートポストの途中に、無骨な長方形が横に広がって存在するのは、どうも好きになれません。

GARMIN VARIA Rearview Radarを装着したピナレロ・クアトロ

キャットアイのライトみたいに、フィジークのICSに取り付けられたらベストなんだけどなぁ…

Arione ICS & Cateye Rapid 3 Auto

Arione ICS & Cateye Rapid 3 Auto
【テールライト】自動点灯の「キャットアイ RAPID 3 Auto」は便利

よく行く武平峠の途中にある「蒼滝トンネル」ですが、相変わらず登りの時に後ろから車が来ると、すごい恐怖を感じます。 トンネル通過中の速度は時速6km/hぐらいでしょうか…?(汗) 車から見るとおそらく「 ...

続きを見る

探してみたら、ありました!

3Dプリント会社の「Shapeways」で購入

検索して見つけたのがアメリカにある「Shapeways」という会社のサイトにある商品でした。

自転車専門の通販サイトというわけではなさそうです。

決済がPayPalに対応していたので信用して購入したのですが、後で詳しく調べるとベンチャーで10年以上歴史がある、その業界では有名な会社のようです。

個人で設計した3Dプリントデータを送ると、プリントアウト(制作)をしてくれるみたいです。

出来上がったものは自分で利用するのはもちろん、公開して委託販売することもできるそうで、今回はそれを利用した形です。

発送から到着までの日数

注文してから早ければ2~3日ぐらいで、一番遅いもので約1週間後に追跡番号が記載された発送のメールが届きました。

その発送メールから約1週間で到着するイメージです。

送料が26ドルかかりますので、必要なパーツ・欲しい物を吟味して1回で決めたいものです。

(私は結局3回も利用してしまいました。送料の合計が…)

UPSでの発送で、国内ではヤマトさんが届けてくれました。

サドル下後方にリアビューレーダーを取り付ける方法

フィジークのICSを活用するパターン①

以下の2つのパーツを組み合わせて、ICSにリアビューレーダーを取り付けるができます。

GARMIN Varia Rearview Radar Mount for fizik ICS saddle

純正マウントからボルトで留められている受けの部分のパーツを取り外し、付け替えます。

Fizik Universal Mount Extended System Clip

販売ページの説明にあるように、別途M3×30mmのボルト&ナットが必要でしたのでホムセンで調達しました。

組み合わせるとこんな感じです。

GARMIN Varia Rearview Radar Mount for fizik ICS saddle

かなり後方にオフセットされるので、小さいサドルバッグだと干渉せずに使えるかもしれません。

Garmin Varia をフィジークのサドルに取付 Garmin Varia をフィジークのサドルに取付

Garmin Varia をフィジークのサドルに取付

フィジークのICSを活用するパターン②

Shapewaysでは「キャットアイのテールライトマウント」を「ガーミンのマウント」に変換するアダプターも売っています。

ICSにキャットアイのテールライトを装着するためのブラケット(マウント)を持っている方は、こちらの方法も可能です。

上のブラケットですが、アリオネの場合、長い方を使わないとリアビューレーダー脱着の際に干渉します。

キャットアイのテールライトをフィジークのサドルに取り付けるためのマウント

Shapewaysで購入した変換マウントです。純正マウントからパーツ移植する必要はありません。

Cateye to Garmin mount

組み合わせて装着すると、こんな感じです。

Garmin Varia をフィジークのサドルに取付 Garmin Varia をフィジークのサドルに取付

  • フィジークのサドルでもICSに対応していない物もあるのでご注意ください。

キャットアイのサドルレール用マウントを活用するパターン

国内でキャットアイのサドルレール用のマウントが販売されています。

これを上記の変換マウントと組み合わせれば、フィジーク以外のサドルでもリアビューレーダーを取り付けることができるはずです。

サドルを選ばず、キャットアイとリアビューレーダーを使い分けできるので、汎用性が高いかもしれません。

  • サドルレールの幅が狭いタイプのサドルもありますので、ご注意ください。

サドルバッグのリングに取り付ける

サドルバッグにクリップタイプのテールライトを取り付ける要領で、リアビューレーダーを取り付けることもできます。

そのためのマウントクリップがこちらです。

Garmin Varia Saddle Bag Clip Garmin Varia Saddle Bag Clip

こちらも純正マウントからのパーツ移植無しで、そのまま使えます。

個体差があるのかわかりませんが、脱着時の回転はかなり渋めです。(その分、ライド中に落とすことはなさそうですが。)

Garmin リアビューレーダーをサドルバッグに取付 Garmin リアビューレーダーをサドルバッグに取付 Garmin リアビューレーダーをサドルバッグに取付

このクリップがあれば、サドルバッグとリアビューレーダーが共存できますね。

後方からの見た目もスッキリして、とても満足です。

ガーミン・リアビューレーダーをサドル下に取り付けた様子

他にも珍しいパーツがたくさん!

  • Fizik Universal Mount System Clip v3 … 今回購入したパーツのオリジナル(短い版)です。後ろへの飛び出しが短いので横からの見た目は良くなりそうですが、Garminのマウントはひねって着脱するので干渉しないか心配です。特にアリオネはクリップが奥まっているので難しいかも。

この他にも「Garmin」「Shimano」「GoPro」といったキーワードで検索すると、たくさんのニッチなアイテムが出てきます。

探していたアレが見つかるかも!?

(公式)shapeways https://www.shapeways.com

-GARMIN(ガーミン)
-,

Copyright© 四日市の理系整体師のブログ , 2018 All Rights Reserved.