【サドル沼】Selle Italia「SLR Friction Free Flow」のインプレ

昨年末に組み上げたピナレロ用に購入したサドル「セライタリア製 SLR フリクションフリー・フロー」の購入インプレです。

セラ・イタリア フリクションフリー フロー サドル

細身の穴あきフラットサドルを求めて

サドル沼を脱出させてくれたフィジークの「アリオネ・バーサスX」。

【サドル沼】フィジーク・アリオネ「バーサス」と「バーサスX」の違い

2016.09.03

お尻の痛みはパッドである程度対応できるものの、会陰(尿道)の痛みはサドルの形がフィットしないと解決しないことを知りました。

このサドルが私に合っていると感じている点は以下の3つです。

  1. ノーズが細い … 坐骨幅が狭いせいかノーズが太いとペダリングで擦れて、左会陰部の痛みが発生しやすい。
  2. 座面がフラット … 体が硬いので骨盤を立てるのが苦手。ゆえに横からみて座面がウェーブ状だと前傾姿勢の時に会陰前部(尿道)を圧迫しやすい。
  3. 穴あき … サドル中央に穴が開いている方が会陰部(尿道)に負担が少ない(と思われる)。

特に自分には1番目が重要だと思っています。

また2番目に至っては「体が硬いのに、アリオネの方が合っている」という、フィジークの提唱する「スパインコンセプト」の真逆です。

私のような例もありますので、メーカーのガイドライン情報はあくまでも目安として、やはり実際に試してみることをお薦めします。

ちなみに他の2つのタイプ「アンタレス(ノーマル)」と「アリアンテ・バーサス」も試したことがありますが、私には合いませんでした。

あとクッションの薄い「アリオネ・バーサス」は会陰問題はOKだったのですが、お尻が痛すぎる問題が発生してオク行きになりました。

フィジーク アリオネ バーサス

このような経緯からもう一つ同じ「アリオネ・バーサスX」を購入するのが無難ですが、ちょっと面白味がありません。(懲りない)

違うもので上記の3つの条件を満たすようなサドルをネットで調べた結果、見つけたのがセライタリア製「SLR フリクションフリー・フロー」というサドルでした。

セライタリアのサドル・ラインナップ

改めてセライタリアのサドル・ラインナップを見てみたところ、種類の多さに驚きました。

似たようなサドルがいくつもあるので、本当にこのサドルでいいのか迷ってしまいます…。

そんな私みたいな人のために、フィジークのスパインコンセプトの如くセライタリアもサドルをチョイスする際に目安となるチャートを設けています。

詳しくは下の日本の代理店である深谷産業さんのサイトをご参照ください。

上記を参考にして選ぶと、私の場合

  • 坐骨幅が(多分)狭い → S
  • 体が硬く骨盤が前傾 → 3

となり、S3のカテゴリーがおすすめとなります。

しかしノーズ幅(特に座面中央付近)が狭くないと恐らくNGだと思うので、できれば通常よりノーズが狭い「フリクションフリー」シリーズを選びたいところです。

しかし、S1・S2にはありますが、S3にはこの「フリクションフリー」がありません。

セラ・イタリア フリクションフリー フロー サドル

代わりに存在するのが「SLR スーパーフロー」ですが、大きな開口部を実現するために座面中央付近の幅が太そうです。(ISMサドルでダメだった記憶が蘇ります…。)

結局「穴あきサドルで、ノーズが細く、座面がフラット」という条件を最優先して「SLR Friction Free Flow」を購入しました。

セラ・イタリア フリクションフリー フロー サドル セラ・イタリア フリクションフリー フロー サドル セラ・イタリア フリクションフリー フロー サドル セラ・イタリア フリクションフリー フロー サドル セラ・イタリア フリクションフリー フロー サドル

フィジーク製サドルとの比較

フィジークのアリオネ・バーサスとの比較です。

セラ・イタリア フリクションフリー フロー サドル

ノーズが細いといわれているアリオネより更に細いです。

セラ・イタリア フリクションフリー フロー サドル

お次はアンタレス・バーサスとの比較です。

ほぼフラットな「SLR フリクションフリー・フロー」に比べて、アンタレスVSは座面が波型になっています。

セラ・イタリア フリクションフリー フロー サドル

決定的にアンタレスが自分に合わなかったのは、サドル中央付近の太さでした。

ここが太いと、左の〇〇付近が後で痛くなるんですよね…。

セラ・イタリア フリクションフリー フロー サドル

「SLR フリクションフリー・フロー」のインプレまとめ

数か月使ってみましたが、めでたく自分に合うサドルの一つに加わりました。

印象としましては、

  • ただひたすらコンパクト
  • クセがない座面形状
  • GELは入ってないけどレーパン履いていれば100km位なら余裕
  • センターの穴は開いているのがわからないレベル(でも大丈夫っぽい)

てなところです。

このサドルは、アリオネより更に細いノーズを探している方におススメです。

厚みが薄いのでシートポストを出せるのもいいですね。

ただ注意していただきたいのは、レールの前後長が短めなのでサドル位置の調整幅が狭い点です。

サドル位置を前後に大きく調整して乗っている方はご注意ください。

ピナレロ ボーラワン50 クリンチャー

2 件のコメント

  • 参考に  他のサドルでは悩まされましたが
    specialized サドル S-WORKS ROMIN CARBON SADDLE と S-WORKS ROMIN CARBON SADDLE を使用していますが おしりの痛み、会陰(尿道)の痛み とかロングライドでも全く意識したことがないです。

    • ルーシー様
      こんにちは。ググっていて仰っているスペシャのサドルも気になりました。やはり快適そうなサドルですね。チャンスがあれば試してみたいです。教えていただきありがとうございます。m(__)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です