ロードバイク初心者の購入インプレ等

四日市の理系整体師のブログ

ホイール沼

【Racing Zero】「レーゼロ・アルミ(C17)」と「レーゼロ・カーボン」の比較インプレ

更新日:

予想しなかった事態が発生してしまい、手元にフルクラムの「レーゼロ・アルミ(C17)」と「レーゼロ・カーボン」が同時に存在するというとても贅沢な状況になってしまいました。

折角なので、少しばかり両者を乗り比べてみた素人インプレをお届けします。

ホビーライダーの方が「買ったらこんな感じなんだ」とイメージするのに参考になれば幸いです。

「レーゼロ・アルミ(C17)」と「レーゼロ・カーボン」の違い

両者を乗り比べたといっても、

  • 「レーゼロ・アルミ(C17)」は、アルミフレームの「ビアンキ・インプルソ」
  • 「レーゼロ・カーボン」は、カーボンフレームの「ピナレロ・FPクアトロ」

と異なる素材のフレームで使用しました。

またタイヤも「パナレーサー Evo3 Light」と「ミシュラン Pro4」で異なります。

予めご承知おきください。(条件違いすぎ…(;'∀'))

ホイール重量の違いについて

まずホイールの重量の比較です。

レーゼロ・アルミ(C17) 1518 g
レーゼロ・カーボン 1358 g

公称重量の比較で160グラムもカーボンの方が軽いです。

ホイール重量でこれだけ違うと私レベルでも差が分かっちゃいます。

ですからそれぞれの印象は

  • アルミ・レーゼロ → 普通(に軽い)
  • レーゼロ・カーボン → (明らかに)軽い

という感じです。

よく考えたら軽量アルミクリンチャーの「デュラC24(WH-9000-C24-CL)」が公称重量1387(g)ですから、それよりレーゼロ・カーボンは軽いんですね。凄いことです!

「デュラエース C24」を装着したビアンキ・インプルソの後輪

アルミのレーゼロでも十分すぎるスペックですが、軽さを追求する方にはデュラC24に匹敵するレーゼロ・カーボンの軽さはとても魅力的です。

ちなみに似たようなリムハイトのカーボンホイール(CL)として「クアトロ・カーボン」と「ボーラ・ワン35」がありますが、リムハイトやハブ素材の違いのせいか、ちょっと重たいです。

クアトロ・カーボン(40mm) 1555 g
ボーラ・ワン35(35mm) 1405 g

乗り心地について

アルミ・レーゼロに初めて乗った時は

これが「噂のレーゼロの硬さ」か~。デュラC24に比べると確かに硬い感じがするけど、覚悟していたほどじゃないな~。

という印象でした。たぶんワイドリム化された後のモデルで、25Cのタイヤを履いていたせいだと思います。

ナローリムの23Cのタイヤを履いたレーゼロだったら、また違った印象になったのではないでしょうか?

フルクラム・レーシングゼロ(C17)を履いたビアンキ・インプルソでヒルクライムした時の写真

一方でレーゼロ・カーボンのファーストインプレッションは

何となくカーボンっぽいフィーリングがボーラワンみたいだなぁ。

という感じでした。

「無風の平坦」でレーゼロ・カーボンとボーラ・ワン50(CL)をブラインドテストしたら区別付かないかもしれません。

両方とも25Cのタイヤ履いているせいか、私の中では「レーゼロは硬い」という印象は薄いです。

ピナレロ(カーボンフレーム)とフルクラム・レーシング・ゼロカーボンの組み合わせ

剛性について

同じアルミスポーク採用の両ホイールですが、印象としてはアルミ・レーゼロの方が剛性がある感じです。

以前もインプレしたように登坂時にアルミ・レーゼロは「ガッチガチのスポークの束を回している感」が強いんですよね。

レーゼロ(C17)のリアハブ・フランジ周辺

アルミのレーゼロ(C17)のリアハブ周辺です。

それと比較するとレーゼロ・カーボンはそういう感じはなく、デュラC24より剛性があるのは何となく分かるのですが、アルミ・レーゼロほど自己主張していない印象です。

例えるなら「アルミのレーゼロより細いスポーク」のホイールみたいな感じです。リムハイトの差の分だけ長さが違うだけで、同じアルミスポークだと思うのですが不思議です。(フランジの素材が違うせいもある?)

レーゼロカーボンのリアハブ・フランジ

レーゼロカーボンのリアハブ周辺です。

「アルミのレーゼロ」の「レーゼロ・カーボン」、どちらがお薦め?

カーボンホイールは「ダウンヒル時のブレーキ熱」と「輪行時の扱い」がネックだと思っています。

ロングライドで見知らぬ土地をガシガシ走って、もしかして帰り輪行しちゃうかも…、というケースならアルミのレーゼロが気楽でいいですね。

限界に挑戦するようなロングライドなら「デュラC24」を履いていきたいですが、体力的にまず大丈夫な距離なら同じアルミでも「デュラC24」より「アルミのレーゼロ」の方が楽しいライドができそうな気がします。

近所に「勾配がキツイのに道幅が狭く、歩行者(登山者)が多い道」があるのですが、そこを下る場合は「ブレーキ引きっぱなしで超徐行」か「いっそのこと自転車を降りて歩く」かという感じになるんですね。こういったコースではアルミ製のレーゼロだと心強いです。

一方、近所でStrava区間のタイムを狙うような走り方ならレーゼロ・カーボンでしょうか。

やはり軽いので平坦も登坂もアルミのレーゼロより楽です。

アルミ・カーボンどちらでも「レーゼロ」はやはり「レーゼロ」。

「履いてて楽しいホイール」なので買って損はしないと思います。

Wiggleだとレーゼロ・カーボンが15万円強です。

【Wiggle】Fulcrum Racing Zero Carbon(レーゼロ・カーボン)

-ホイール沼
-,

Copyright© 四日市の理系整体師のブログ , 2018 All Rights Reserved.