自転車

【Rapha】Winter Jersey の良さを再発見

投稿日:2020年2月1日 更新日:

2018年1月にラファの「Archive Winter Jersey」を購入しました。

Rapha Winter Jersey

セールになっていたのと、チームスカイっぽい色が決め手でした。

着た回数は1シーズンに1~2回程度、トータルで5回ぐらいでしょうか?

平坦コースでのポタリングでしか着たことがなく、機能的な印象は皆無でした。

ありがちな「厚手の冬ジャージ」だなぁ

といった程度で。

先日これを着て「ヒルクライム」をしてみました。

初めての「汗をかく」ような使い方だったのですが、実は結構「使える」ジャージだと気づきました。

1. Winter Jersey ってこんなジャージ

この「Winter Jersey」という商品、ここ2年ほどラインナップから外れていました。

Rapha Archive Winter Jersey

それが最近になってレギュラーに復活したのは、もしかしたら惜しむ人の声が多かったのかも知れません。

ラファ公式サイトにある特徴をまとめると、次のような感じです。

  • 氷点下になるような「厳冬期」を想定したジャージ。
  • 厚手のメリノ混紡生地を使用。
  • 前面内側は防風仕様。
  • 背中のポケットは2パーティション。(3でない)

「寒さ」への対応力ですが、厚手の長袖インナーと組合せばラファの言う通り「氷点下ライド」もイケるかもしれません。

でも個人的には「5~10℃」ぐらいの温度帯が合っているように思います。

Rapha Winter Jersey

生地ですが、冬用らしく厚手のしっかりした生地です。質感も悪くありません。

バックポケットが2パーティションなので、いつもの「仕分け」ができない点にちょっとストレスを感じます。

Rapha Winter Jersey

ベンチレーションのもなりそうな、ファスナー付き大容量インナーポケットもあります。

2. (お薦めポイント 1) ベンチレーションがハンパない!

「ベンチレーション(換気)」用のファスナーが付いている冬ジャケットは色々ありますが、「Winter Jersery」の開口部はかなり思い切った大きさです。

Rapha Winter Jersey

デカい!

Rapha Winter Jersey

この両脇に加えてジャージのファスナーも下げれば、急激なベンチレーションも可能です。

他のジャケットのベンチレーションファスナーは「体温上昇を抑える」感じですが、このジャージだと「一気に冷却」まで持っていけます。

幅広く温度調整できる点が、セールスポイントの1つです。

3. (お薦めポイント 2) 「上質な」ラファおじさんを演出

カッコいい冬ジャケットはたくさんあります。

同じラファの「PRO TEAM」のジャケットや、カステリやパールイズミからもスタイリッシュな商品が出ています。

ただそれらは「ガチっぽいカッコよさ」で、「ゆるふわシニアおじさん」が着ると見かけ倒し感満載です。(苦笑)

貧脚だけどオシャレなカフェで「ラファおじさん」を演じたい自分にとって、このジャージは一筋の希望を与えてくれます。

見てください、この生地表面の感じ。

Rapha Winter Jersey

防風パネルを表面に出さず内側に貼り付けることで、ジャージ全体は「上等なウール製品」の雰囲気を醸し出しています。(実際のウール成分は28%)

実にオシャンティーではありませんか ⁉

そしてヴィトンのバッグの如く、自己顕示欲の塊みたいな背中のロゴ

Rapha Winter Jersey

 

Rapha 着ていますけど、何か?

 

これを着れば誰もが

「サイクリングを楽しむ優雅なラファおじさん」

になるはずです!(妄想)

まとめ

以上、駄文にお付き合い頂き、ありがとうございました。

ラファの中でコレクションとしての位置づけが不明なこのジャージですが、サイズ感も見た目も「Classic」コレクションと似ています。

Rapha Winter Jersey

Classic や Brevet は M を選びます。

多分買っている人は少ないので、「人と違うラファおじさん」を目指す方にお薦めしたい隠れた逸品です。

-自転車
-

Copyright© 理系整体師の自転車ブログ , 2020 All Rights Reserved.