Rapha(ラファ)

【Rapha】PRO TEAM「Insulated Jacket」のレビュー

投稿日:2019年3月9日 更新日:

ラファの冬ウェア、「Pro Team Insulated Jaket(プロチーム・インサレーティッド・ジャケット)」のインプレです。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

2年ぐらい前からラインナップに加わったジャケットですが、レビューを読むと「軽いのに、しっかり暖かい」と大好評です。

PRO TEAM Insulated Jacket の特徴

「Insulated」とは断熱という意味で、それを可能にしているのが「POLARTEC Alpha®」という繊維です。

ポーラテック社はアウトドア向けの繊維メーカーとして有名みたいです。

ラインナップとして、防水透湿素材の「Neo Shell®」やベースレイヤー素材の「Delta™」、そして通気性・保温性を併せ持つ「Alpha®」があります。

ラファの肝いりらしく、ジレとともに強く推している感じがします。

セールスポイントは、

  • 軽くて薄い
  • 通気性が高い
  • 速乾性が高い

といったところでしょうか。

この「Alpha®」はアメリカの特殊部隊からの要請で開発されたそうで、過酷な環境でも快適で動けるようにつくられているとのこと。

そして、〈Alpha®〉の開発には、アラスカでのテストが行われました。とても冷たい水のなかで待機したり、フィールドで激しい運動を行ったりして、快適性や乾燥までの時間を計り、ベストなチューニングを施しました。〈Alpha®〉がアウトドアフィールドにおいて信頼性が高い理由とは、まさにこうした開発背景によるものなのです。

(参照)http://www.karrimor.jp/products/list.php?category_id=199

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

軍用品といえば、とてもハイレベルなクオリティが求められるイメージがあります。

これは期待できそうです。

以前同じシリーズの「Pro Team Insulated Gilet」を使いましたが、もともと防風性能の高い「Pro Team Training Jacket」の上からでしたので、効果がよく分かりませんでした。

Rapha Pro Team Insulated Gilet & Training Jacket

サイズ感

「クラシック」や「ブルべ」のジャージはMサイズ、「プロチーム」はLサイズをチョイスしています。

ただしプロチームでも、伸縮性の高い「Lightweight」のジャケット(ウィンドブレーカー)とジレはMサイズです。

MかLか微妙なところなので、両方取り寄せてみました。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

Mのサイズ感

Mサイズの採寸です。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

身幅は「51cm」。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

着丈は「49cm」でした。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

試着した感じですが、着れるのですがタイト気味、というかピチピチで、ジャージならまだしもジャケットでこれはナシ、という感じです。

また袖口についても、パールイズミのグローブでXLサイズの手の大きさだと、袖を通す際にかなり窮屈で引っかかります。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

伸縮性はほとんどありません。

Lのサイズ感

Lサイズの身幅は「54cm」。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

着丈は「51cm弱」でした。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

厚手のインナーでも着膨れした感じもなく、袖に手首を通す際もスムースです。

予想していましたが、Lサイズに決定です!

デザイン

ポーラテック・アルファは、前身頃・腕の前面と背面の上部に使われています。

冬用ジャケットの生地配置でよくあるパターンです。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

バックポケットは、小さそうに見えますがソコソコ入ります。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

袖の裏側もバッチリ。

Rapha PRO TEAM Ihsulated Jacket 袖の内側

これで本当に寒さがしのげるのだろうか?と思うぐらい、ボリューム感がありません。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

実走インプレ

平地での気温10℃の日に着て出かけました。

インナーは私の厳冬期スタイル、「ミレー網(ノースリーブ)」と「パールイズミ・コンフォヒート(181)」の組み合わせです。

インナー2枚の上にインサレ・ジャケットを羽織って出かけようとしたのですが、正直不安でした。

手に取った感触が、いかにも頼りない印象。

ペラペラです。

Rapha PRO TEAM Insulated Jacket

みんな絶賛してるけど、「盛ってる」んじゃないの?

ダウンヒルの時のことも考え、購入したばかりの「Pro Team Race Cape」を保険としてバックポケットに入れて出発しました。

ちょっと追い込むと暑い

「風を切って走ると少し寒いだろうな」と思っていたのですが、予想に反して全く寒くありません。

それどころが少し頑張って踏むと、暑くてジップを少し下げたくなる位でした。

この時点で「見かけ以上に保温性がある」ことを確信しました。

マジだったか…

気温10℃位の寒さでは、全く問題ないようです。

ヒルクライム時は全開もアリ?

ヒルクライムでは多量の汗をかきます。

よほどの寒風が吹き荒れていない限り、冬用ジャケットのジップを締めたままでは暑すぎです。

「Pro Team Training Jacket」の場合、ジップを半分ぐらい下げて調整します。

ところがこのジャケットは下からも開く「2 Way ジップ」です。

上下から開いて、マントの様にヒラヒラさせることも可能です。

ビブを傷めやすい「2 Way ジップ」ですが、緊急放熱の時は便利そうです。

公式写真のように「全開」もアリかもしれません。

するとコーディネートするために、インナーに「Pro Team Thermal Base Layer」が欲しくなるという罠が…。(;・∀・)

ダウンヒルで驚きの保温性

登り終わった後は、結構インナーが湿っていました。

ダウンヒルで寒い思いをすると、確実に「汗冷え」する状態です。

「Race Cape」を羽織ろうか迷いましたが、取り敢えずインサレ・ジャケットの防風性能を確認するべく、そのまま下ることにしました。

ダメっぽい感じだったら、迷わず止まってレースケープを羽織ろう。

2~3分経過…

まだいける。

5分ぐらい経過。

え?もしかしてかなり防風性能高い??

といった具合に、途中で「これはこのまま下っても大丈夫!」と確信してしまいました。

普通のウィンドブレーカーの裏地に毛玉が付いたようなジャケットが、こんなに…(失礼)

驚きとともに、すごく不思議な気分でした。

読んでいる方の中には

「またまた~、たかが20分位のヒルクライムでそんなこと言っちゃって、大袈裟じゃないの?」

と思う方もいるでしょう。

でも立て続けに計3回リピートクライムして、それでも汗冷えしなかったので、かなり高性能だと思います!

湯の山かもしか大橋 気温表示

点滅表示のタイミングが悪くて写っていませんが、3回ともゴール地点の気温は7℃でした。

もっとも「汗冷え」は、ベースレイヤー選びの方が大切かもしれませんが。

プロチーム「インサレ・ジャケット」のまとめ

プロチームのインサレ・ジャケットですが、コンパクトに畳めて携行性に優れています。

「Softshell Jacket」や「Training Jacket」の様に「着っぱなし」ではなく、長袖ジャージの上に着たり脱いだり「ウィンドブレーカー」的な使い方ができそうです。

ここが他のジャケットとの大きな違いだと思います。

  • 軽くてかさばらない。→ 厚手のウィンドブレーカーとして携行できる。
  • 速乾性は優れるが、防水性は期待できない。→ 悪天候のライドには不向き。

インナー(ジャージ)との組み合わせ次第で、守備範囲がかなり広がりそうです。

すると他のジャケットとかぶる部分も出てきて、何を着ていくか迷ってしまいますね。(;・∀・)

 

-Rapha(ラファ)
-

Copyright© 理系整体師の自転車ブログ , 2019 All Rights Reserved.