コンポ

新型デュラエース・ブレーキ(BR-R9100)購入&開封

投稿日:2016年11月9日 更新日:

先日届いた新型デュラ・エース(R9100)のパーツ達に遅れること数日、キャリパーブレーキ(BR-R9100)の前後セットも届きました!

Dura-Ace ST-R9100 Unboxing
【DURA-ACE】新型デュラエース「R9100」の開封

夏にIYH!(予約注文)した新型デュラエースR9100のパーツの一部が届きました。 その開封の様子です。 デュラエースにアップグレードした動機 現在使用しているコンポは全て105(5800系)です。 ...

続きを見る

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

新型デュラ・ブレーキ(BR-R9100)開封の儀

エアロ形状になり、剛性もアップしたと噂の新デュラ・ブレーキですから、ちょっとワクワクしますね。

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

ご対面~!

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

中身はこんな感じです。

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

謎の丸い透明シールが2枚入っていましたが、これはゴミなのでしょうか??

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

色はグロッシーな黒ですね。グラデーションとか玉虫色といったものではありません。

ブラックの中に輝くシルバーの「DURA-ACE」のロゴ。

BR-9000の表面は「アルマイト(酸化被膜)」なのに対し、BR-9100は「塗装」となっていますね。

アーチ材質は「アルミニウム」で同じです。

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

計量してみました。公称重量は前後セットで 326g です。

前デュラ「BR-9000」が 297g なので、約30g重くなっています…。

Dura-Ace BR-R9100 インプレ デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

合計324gでした。

下の写真の中央、小さいボルトが「センタリング調整ボルト」です。

今使っているBR-5800と違い、アクセスしやすい場所にあります。

BR-5800は携帯ツールの短い2mmのアーレンキーだと回しにくかったのですが、これなら作業しやすそうです。

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

新型デュラ・ブレーキ(BR-R9100)の特徴

左右のピボットを繋ぐ「ブースター」搭載

このブースター、BR-9000で軽量化しすぎて剛性が足りなくなったのを改善してきたとの噂です…。

ブレーキアーチを握り込むと…

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

左右のアーチの間に挟まった肉抜きされたプレートが…

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

コンニチワします。

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

このプレートが存在することで、ブレーキアーチのたわみが43%減少するそうです。

アーチがたわまない分、レバーを引いた力が効率良くリムを押さえつける力に変換されます。

ブースターというもの自体はMTBのVブレーキ関連で以前からあるもののようです。

28Cまでのタイヤ幅に対応

ワイヤーで固定しない初期状態のアーチ間隔が広がったのでしょうか?

どうやら左右ではなく、上下のクリアランス(タイヤ接地面とブレーキアーチの裏側)が確保されたみたいです。

BR-R8000を購入して取り付ける前の写真
【ULTEGRA】28Cタイヤまで対応「BR-R8000」を導入

「ワイドリムのホイール」と「25Cのタイヤ」の組み合わせが増えてきているようですね。 ワイドリムのホイール「ボーラ・ワン50(クリンチャー)」と25Cのタイヤ「コンチネンタル GP4000 S2」を半 ...

続きを見る

BR-R9100 クリアランス

閉じた時の出っ張りがなくなってスッキリしたクイックレリーズ・レバーですが、回転角は180度強で5800と大差ないように思います。

ちなみに今使っているBR-5800同様、クイックレリーズ・レバーにノッチはありません。

完全に閉めた状態にした時だけ「カチッ」とロックがかかります。

4700とか6800には開閉途中の位置にノッチがあるようですが、9000はどうなんでしょう?

(追記)BR-6800を購入しました。全開から完全クローズまで7段のノッチがついていました。

BR-6800 開封

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

なぜこんな情報を書くかと言いますと『ノッチがなくなった為、リム幅の違うタイヤに対してレバーを使ってクリアランスを調整する裏ワザができなくなった』という話を見かけたからです。

ブレーキという命に関わるパーツでの「仕様外の使い方」なんて怖いので考えたこともなかったのですが、意外とプロの間では普通に行われている(いた?)ようです。

(参考)「サイクルショップKintarou」様のブログ

上の投稿は2012年のものなので、現在はどうなのかわかりませんが…。

下の記事では間違った使い方をやめるようにと、注意喚起されています。

(参考)http://www.cyclowired.jp/microsite/node/214488

確かにこのような使い方が本来の仕様として存在したら便利ですよね。

「ケーブル調整ナット」を回してクリアランス調整はできますが、レバーでできる調整幅に比べたら微々たるものですしね。

シャマル・ウルトラに続いてゾンダもワイドリム化され、リム幅の違うホイールを所有する人が増えそうですので、こういったニーズは高まってくる気がします。

ところで先日届いた R9100 パーツのうち、STIレバーを AeroNova に仮付けしてみました。

ST-R9100とAeroNova ST-R9100とAeroNova ST-R9100とAeroNova

組み上がったらかなりカッコ良さそう…、楽しみです。

ワイヤーの取り回し作業に時間がかかりそうなので、先にブレーキだけ交換してみようかなと思っています。

-コンポ
-,

Copyright© 四日市の理系整体師のブログ , 2018 All Rights Reserved.