自転車 ロングライド・イベント

日帰り輪行で、乗鞍スカイライン

投稿日:2021年10月14日 更新日:

名古屋~高山を輪行して、「日帰り」で乗鞍スカイラインをヒルクライムしてきました。

輪行で乗ったのは始発・最終の特急「ひだ」号です。

名古屋近郊の方の参考になれば幸いです。

ちなみに乗鞍スカイラインを実走するのは初めてです。

行程とタイムスケジュール

実際の行程はこんな感じです。

JR名古屋駅 → JR高山駅 特急 ひだ1号 7:45発 10:16着 (指)6,140円
高山濃飛バスセンター → ほおのき平 濃飛バス 10:40発 11:23着 1,230円
乗鞍スカイラインをヒルクライム ロードバイク 11:45発 15:00着 プライスレス!
畳平 → ほおのき平 濃飛バス 15:50発 16:35着 1,290円
ほおのき平 → 高山濃飛バスセンター 濃飛バス 16:46発 17:31着 1,230円
JR高山駅 → JR名古屋駅 特急 ひだ20号 18:47発 21:03着 (指)6,140円

定刻運行の前提で、輪行解除、自走、そして輪行準備までの正味時間は「4時間27分」です。

ほおのき平から畳平までは「距離21km・獲得標高1500m」が目安です。

完走に自信がある方なら、時間的には問題ないと思います。

乗鞍へアクセスする濃飛バスは「時期」と「天気」で運行ダイヤが変わります。

ハイシーズンや休日の好天は便数が多く、条件が悪い日ほど少なくなります。

A・B・Cの3パターンありますので、公式HPでご確認ください。

高山駅~ほおのき平駐車場

高山駅の改札を出たら、右手「乗鞍口(東口)」に向かいます。

すぐ隣に「高山濃飛バスセンター」があります。

輪行袋を抱えたままでも苦にならない距離です。

券売機で乗車券を購入します。

ほおのき平」までは片道「1,230円」です。

5番(平湯・新穂高)」の乗り場に並び、乗車の際は輪行を申し出てバス床下のトランクを開けてもらい、自分で寝かせて収納します。

寝かせた時に輪行袋の中でディレイラー側が上になるよう注意です。

ほおのき平駐車場~平湯峠・入口ゲート

ほおのき平で輪行を解除したら、自販機で飲み物を買い込みましょう。

出発するとゴールの畳平まで、コンビニはもちろん自販機もありません。

前述したとおり、ここからサイコンをスタートさせた場合「21km・1500m UP」がゴール(畳平)の目安になります。

途中で「残り○km、登りは○m」と確認し、自身を励ましました。

さて、駐車場を出ると国道158号に合流するまでの短い距離ですが下り坂です。

気持ち良くスタートできます。

そのまま国道158号に沿って登るのですが、「登坂車線」が現れるぐらいの結構な坂道です。

途中にある「五色ヶ原(ごしきがはら)」の看板は、岐阜県側の大会「乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム」のスタート地点です。

前回来た時にバスの中から撮った写真です。

更に進むと見えてくる分岐を左の県道5号へ入ります。

この分岐の所でスタートから「3.3km・180m UP」です。

この先マイカーはほとんど通りませんが、勾配は更にキツくなります。

細かい九十九折りが続き、ログを見ると10%以上の箇所も!

乗鞍スカイラインのゲートまでで既にお腹いっぱい…

と思っていると、ようやく本当のスタート地点に到着です。

ゲートのあるここ平湯峠で「6km・450m UP」なので、1/3弱は消化したことになります。

登り切ったT字路を右に曲がると、乗鞍スカイラインのゲートが見えます。

乗鞍スカイラインゲート~森林限界

ゲートに近づくと係員の方が近寄ってきて、

「どこから来たの?何回目?こっちに戻ってくるの?」

といった質問をされるので口頭で答えます。

ゲート付近で標高1685mでした。

いよいよ本コース突入です!

とはいっても、周りの景色・勾配ともに地元にもあるような感じの登りが淡々と続きます。

感触からすると10%はない印象です。

スタートから約9km地点にある「夫婦岩展望駐車場」に立ち寄りました。

駐車場からの眺めです。

奥に見える建物にトイレがあります。

マイカー規制がかかる前は賑わったであろう駐車場も、現在は無人です。

シャトルバスは乗鞍スカイラインをノンストップで通過するので、今となってはここからの景色を拝めるのは自転車乗りだけですね。

さらに1km進んだところにも反対の方角が見える展望台があります。

「乗鞍スカイライン展望台」とあります。

ここから先しばらく見晴らしが悪い森林の中の「九十九折」を登ります。

途中、微妙な下りになる箇所もありました。

季節・時間帯にもよると思いますが、半分くらい日陰の中を走っていたような気がします。

さて、見たかった乗鞍らしい景色「森林限界」ですが、一向にそんな世界は現れません。

行程の半分ぐらい来れば見れるかな~?

と思っていたのですが、それらしい雰囲気になったのは終盤戦、17km走った辺りからでした。

本州中部では森林限界は標高2500mらしいので、大体合ってますね。

景色に気を取られがちですが、勾配もキツいです。ログを見ると、10%超?

まったく脚が回らなくってしまい、数百m登っては休憩を繰り返し、先へ進みました。

ラスト1kmぐらいは「台地の上」という感じで、平坦に近い勾配でした。

先に畳平が見える位置でのデータです。

畳平の駐車場に向かう途中エコーラインが見えたので、分岐まで引き返して寄り道しました。

県境の標識はエコーラインにありました。

エコーラインの頂上から長野側を見下ろした様子です。

上からだと分かりにくいですが、紅葉のピークだったそうです。

赤い屋根の建物は位ヶ原山荘のようです。

畳平へ戻ります。反対側から来た場合の標識です。

池の奥に畳平の施設群が。

本当に乗鞍にやって来たのだと実感しました。

そしてずっと憧れていた定番のショット。

自分もようやく手に入れることができました。感無量です。

下山はバスで

余裕のスケジュールのつもりが予想以上にタイトになってしまい、一息ついてすぐ輪行の準備に取り掛かりました。

自走でダウンヒルすることも考えましたが、寒い上にバスの時刻を気にして焦りそうだったのでやめました。

またね、畳平!

ほおのき平で高山駅行きに乗り換えです。

すっかり日が傾いています

渋滞もなく予定通りに高山駅に戻ってきました。

帰りの列車まで1時間ちょっとあったので、駅前で蕎麦を頂き

手打ちそば・天ぷらはもちろん、蕎麦湯が濃厚でとてもおいしかった!

高山駅の売店でお土産を選ぶ時間も十分でした。

服装について

多くの方が「乗鞍は防寒対策をしっかりと」とアドバイスされています。

確かにその通りです。

でも「寒かった場合に備えよ」と言っているだけで、「いつも寒いから暖かい格好をしていけ」ということではないのです。

勝手に勘違いして登りから

  • 長袖インナー(パールイズミの夏用長袖)
  • 長袖ジャージ(Rapha Brevet Windblock Jersey)

を着て挑みました。

結果、寒いと感じることは皆無、「すごく暑い」が大半、日陰で「ちょうどいい」というような有様でした。

予報では「高山市 28℃」の夏日とあって半袖も考えたのですが、なにせ初めての乗鞍、慎重すぎたようです。

最後に今回の学びです。

乗鞍ヒルクライム、防寒対策は万全に。でも登りから厚着するかは天候次第。

 

 

 

-自転車, ロングライド・イベント
-,

Copyright© 理系な人の趣味ブログ , 2021 All Rights Reserved.