【Oakley】オークリー用「ZERO製」調光レンズのインプレ

先日、オークリー「レーダーロック パス(プリズム・ブラック)」を購入しました。

それに対する交換用の「調光レンズ」を購入したのでレビューします。

オークリー純正は高価なので、サードパーティーである「ZERO」というブランドのレンズを選択してみました。

オークリー用・調光レンズの価格比較

オークリー純正の調光レンズですが、国内通販だとレンズのみで19000円前後といった感じです。

海外通販でフレーム付きが買えてしまうお値段ですね…。


【Wiggle】Oakley – Jawbreaker Photochromic サングラス

一方で今回購入した「ZERO」の調光レンズは、なんと半額の約9000円!

性能に問題がなければ、とても魅力的な価格です。

多くの人にとって、オークリーを選ぶ一番の理由は「レンズ(頑丈さ)」だと思います。

ゴミや虫から目を守るのはもちろん、確率的には低そうですが「飛び石」が顔面を直撃する可能性もあるわけです。

サードパーティーのレンズでオークリーを使う意味とは一体…

とか思ってしまいますが、深く考えないことにします。(;^ω^)

サードパーティーとはいえ、レビューの評判は良好で、プロユースの実績もあるようです。

公式サイトの情報によると、レンズの強度も期待できそうな印象です。

「ZERO」調光レンズの開封の儀

この「ZERO」というブランドですが、国内3大通販に出店しているメガネ店「OBLIGE」のオリジナル製品のようです。

最近大阪に実店舗も構えられたようで、信用できそうな感じです。

Oakley用交換レンズOBLIGE製「ZERO」の開封

丁寧な梱包です。

Oakley用交換レンズOBLIGE製「ZERO」の開封

箱も凝っています。

Oakley用交換レンズOBLIGE製「ZERO」の開封

布製の巾着袋に収納されていました。

Oakley用交換レンズOBLIGE製「ZERO」の開封

縁の加工処理もきれいです。

これは「当たり」の予感!
Oakley用交換レンズOBLIGE製「ZERO」の開封

調光機能の差について

比較の為にオークリー純正の調光レンズを搭載した「Radar EV Path」と並べてみました。

調光レンズの性能比較

左が「ZERO」、右が「オークリー純正」です。

下の写真は数分経過後の「ZERO」の調光レンズです。

ブラインド越しの日差しのため、ストライプの模様ができています。

調光レンズの性能比較

同じタイミングでの「オークリー純正」の調光レンズが下の写真です。

見た限りでは調光のスピードや色合いに大きな差はない感じでした。

調光レンズの性能比較

そして調光でない「プリズム・ブラック」レンズとの比較です。

下の写真は「左・ZERO製調光レンズ」、「右・オークリー純正ブラックプリズム」です。

当たり前ですが、透過率が低いブラックプリズムの方が暗く見えます。

プリズムブラックと調光レンズの比較

ついでに「左・オークリー純正ブラックプリズム」、「右・オークリー純正調光レンズ」の写真です。

こちらも上と似たような感じです。

プリズムブラックと調光レンズの比較

実際に使ってみての印象

このZERO製調光レンズを搭載した「レーダーロック」を身につけ、いつものコースを走ってみました。

トンネル内も視界良好、冬の日差しもいい感じに抑えてくれます。

純正調光レンズの「レーダーEV」と比較して、特に「暗い・明るい」といった差は感じませんでした。

1年後に調光機能がどう変化するか、またレビューしたいと思います。

冬場は晴天の日中でもさほど眩しくありませんので、調光レンズの色付き具合で問題ないと思いました。

「冬場のライド、クリアレンズではちょっと物足りない」と思っている方には、使い勝手が良い調光レンズはお薦めです。

冬は調光レンズが便利ですね。

調光レンズのアイウェアを調べていて、国内メーカーである「OGK KABUTOのビナートX」も評判が良かったので迷いました。

サードパーティーの「グッドマンレンズ・マニュファクチャー」製のレンズも高評価ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。