【Zwift】公式オンラインショップでズイフト・ジャージを買ってみた

暑さ・寒さが厳しい時期、雨や雪など悪天候の日、平日の時間がない時など

Zwiftありがてぇ!

とつくづく思います。

自宅にいながら、こんなに手軽に楽しく運動できるとは、本当にいい時代ですね。

そしてZwiftに対する信仰のあまり、ついに「Zwiftのジャージ」を購入するまでに至りました。(笑)

Zwift公式アイテムですが、スマホからは「Zwift Mobile Link」アプリのメニュー項目「SHOP」からラインナップを見ることができます。

PC版につきましては、日本語公式サイトにはリンクがないようなのでこちらからどうぞ。「https://shop.zwift.com/

Zwiftオンラインショップのラインナップ

現在公式ショップで扱ってる商品は、大きく分けて

  • サイクル関連(ジャージ、ビブ、ソックス、ドリンクボトル)
  • 普段着(Tシャツ、帽子)
  • Zwift用周辺機器(ANT+ドングル、ケーブル類)

となっております。

Zwift公式オンラインショップのキャプチャ画像

Zwift公式ジャージのメーカーですが、現在チーム・スカイをサポートしている「カステリ」です。

いいお値段ですが、その分クオリティも安心だろうと思い、購入しました。

ビブは買わずにジャージとソックスを注文しました。

オーダーフォームは英語ですが、そんなに難しいところはありません。

噂によると、「国」と「郵便番号」さえ合っていれば、住所の記入順序が間違っていても届くそうです。(国内配達の方の忖度?)

注文から到着まで

注文後は送られてきたメールで荷物の追跡が可能でした。

アメリカを旅立ってから日本に着くまで少し日数がかかりました。

Zwiftオンラインショップの荷物のトラッキング

結局注文から二週間弱で届いた感じです。

Zwiftオンラインショップからの段ボール

緩衝材もZwiftっぽいです。間違ってひっくり返すと大変そう。(;^ω^)

Zwiftオンラインショップからの段ボール

中身もオーダー通りで問題ありませんでした。

Zwift公式ジャージ&ソックス

男性用ジャージには「トレーニング・ジャージ($85)」と「クライマーズ・ジャージ($110)」の2種類あります。

購入したのは「トレーニング」の方です。「クライマーズ」の方が暑い季節には適しているそうです。

Zwift公式ジャージ 前面

背中はこんな感じです。まさにプレイ中の画面で見るアバターと同じ。(^^♪

Zwift公式ジャージ 背面

生地裏側はこんな感じです。全体が同じ素材(生地)で作られているようです。

Zwift公式ジャージ 裏面生地

サイズは海外ブランドなのでワンサイズ落としてMにしました。(パールイズミだとLを着ています)

Zwift公式ジャージ カステリロゴ&サイズ表記

脇腹部分のZwiftのロゴです。

Zwift公式ジャージ 脇腹ロゴ部分

RaphaのMサイズ同様、肩回りはピチピチちょうどイイ感じ、おなか周りはもうちょっと痩せましょうという感じで、何とか着れました。(;’∀’)

他メーカーのサイクルソックス同様、丈夫そうな生地です。

Zwift公式ソックス(オレンジ)

こちらもMade in USAです。

Zwift公式ソックス(オレンジ)

そしてこの「ネタ」ジャージを着て、鈴鹿サーキットで行われた「シマノ鈴鹿」に参戦してきました。

その様子は次回アップします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。