【日焼け対策】夏用の「長袖」サイクルウェアについて

かつて日焼け対策を怠り痛い目にあっているので、以来一年を通して腕も脚も露出を避けています。

最近はパールイズミのアーム&レッグカバーを使っていますが、「滑り止め」が肌へ優しい素材になっている点など快適な使い心地です。

ただ唯一の難点は(アームカバー全般に言えることなのですが)「着替えが面倒」な点です。

「向き」と「シワ」に気を付けながらアームカバーやレッグカバーを装着するのは意外と手間がかかります。

むしろ真冬の方が、長袖・ロングタイツの「インナー+アウター」の2枚ずつなので着替えが楽です。

そこで夏場にアームカバーを使わずに済む方法がないか調べてみました。

選択肢の少ない「夏用」ロングスリーブ・ジャージ

「夏用の長袖ジャージ」を探してみましたが、不人気のようで選択肢が少ないです。

【パールイズミ】UVフレスコ ロングスリーブ ジャージ

  • 「スカイ・フレスコ」という名の特殊加工の生地を使用。(汗をかいても肌にくっつきにくい)
  • 「レース・グレード」なのでタイトな着心地。レビューを読むと普通のパールの長袖よりワンサイズ上を推奨する方多し。
  • やっぱり真夏には暑すぎる、というコメントも。

体型がピッタリ合えば良さそうな商品です。

【MAVIC(マヴィック)】 KSYRIUM PRO LS JERSEY (キシリウム プロ ロングスリーブ ジャージ)

マヴィックからも出ています。

背中と脇から腕の裏面(日が当たらない側)がオールメッシュということで、かなり涼しそうです。

サイズはグローバル表記なので、国内サイズだとワンサイズダウンした方がいいみたいですね。

他にはルコックから長袖のエアロジャージも出ていますが、涼しさは未知数です。

長袖の夏用インナーを着る

夏用の長袖ジャージの選択肢が少ないならば、インナー(ベースレイヤー)を長袖にする手もあります。

ただ「長袖のインナー」というと、冬を意識した「保温・速乾」の機能性の商品がほとんどです。

冬用のインナーとして重宝している定番モンベル・ジオラインですが、袖部分もメッシュなので日焼け防止の効果は期待できません。

いろいろ調べた結果、以下の3つが候補にあがりました。

【アンダーアーマー】ヒートギア・アーマーコンプレッション・LSクルー(MBB2157)

ジャンルが違いますが、野球選手がよく着ている「アンダー・アーマー」のコンプレッション・インナーは使えそうです。

肌にピッタリ密着するインナーなんて余計に暑苦しそうなイメージですが、逆に密着していた方が汗の蒸発が捗って涼しいみたいですね。

アンダーアーマーでは夏用の商品は「ヒートギア」と呼ばれています。(よくあるクール○○とは逆のネーミングですね)

そして「首周りの形」や「袖の長さ」によって型番が違います。

モックネック(ハイネック)はさすがに暑苦しそうなので、ちょっとパス。

クルーネック(丸首)の長袖の夏用となると、型番では

  • MCM3748(一般的なトレーニング用。脇付近のみメッシュ。)
  • MBB2157(野球用。背中全体がメッシュ。)

が良さげです。

メインの素材は両者とも【ポリエステル84%・ポリウレタン16%】で同じみたいですが、メッシュ生地の配置に違いがあります。

一般トレーニング用は脇付近だけメッシュみたいです。

野球用の方はバックパネルのほとんどがメッシュ生地になっています。

こちらの方がロードバイクに向いている感じです。

結局この野球用の方を購入してみました。(サイズはLGです)

アンダーアーマー夏用長袖の開封直後の写真

胸の中央部分にアンダーアーマーのロゴがあります。好みが分かれるところかも知れません。

アンダーアーマー夏用長袖(MBB2157)の前面の写真

背面は全体がメッシュです。ロード向きですよね?

アンダーアーマー夏用長袖(MBB2157)の背面の写真 アンダーアーマー(MBB2157)の背面メッシュ部分の拡大写真

背番号を記入するためのタグが右腹部に付いています。

アンダーアーマー夏用長袖(MBB2157)に付属している背番号記入用のタグ

インプレ

  • フロントパネルがメッシュでないのが「透けるのが嫌」な人にとってはメリット。
  • 袖の長さが下のパールイズミの(108)よりは短く、適当な長さ。
  • 腕の締め付けもパールイズミの(108)より効いているが、窮屈ではない。
  • 腕の部分にメッシュがないが、あまり気にならない。逆にステッチがない分、見た目が美しい。
  • やっぱりアンダーアーマー、コンプレッションが効いているので脱ぐときが大変。

【パールイズミ】プレミアム アンダー ロングスリーブ(108)

もう一点、パールイズミから夏用長袖インナーが出ていたのでこちらも購入してみました。

【パールイズミ】プレミアム アンダー ロングスリーブ(108)のパッケージ写真

専用品だけあって、理想的な生地の配置をしています。

【パールイズミ】プレミアム アンダー ロングスリーブ(108)のメッシュ部分

体幹部分は前後ともに「メッシュ」生地。

そして日差しから守りたい腕の部分はアームカバーと同じ「コールドブラック」素材を使用しているとのこと。

【パールイズミ】プレミアム アンダー ロングスリーブ(108)の袖のメッシュ部分

「メッシュのインナー」と「アームカバー」が合体したような、まさに理想のインナーです。

さてここで通販でポチる前のハードル、「サイズの選択」についてです。

パールイズミ製品の場合、「プレミアム」グレードはノーマルよりもきつめのサイズになっているはずです。

パールイズミ製品の上着ですが、

  • 半袖ジャージ(プリントジャージ)はL。(肩回り~袖に少しゆとりがある感じです)
  • 冬用のプレミアム・ウインドブレーク・ジャケットはXL。(Lを試着したら鳩胸部分が少しキツかったので)

というサイズ選択をしています。

最初は「タイト・フィットプレミアムグレード」に恐れをなし、余裕を見てXLを注文しました。

しかし、胴体部分はまずまずだったのですが、アームカバー部分が太すぎてガバガバ…、失敗しました。(>_<)

結局、買い直した「L」サイズでちょうどいい感じでした。(袖はかなり長めに作ってありますが、万人向けなので仕方ないですね)

夏用ウェアは生地が薄く伸縮性があるので、タイトなプレミアムグレードと言えどもいつものサイズを注文しておくのが無難だと思います。

インプレ

  • 袖はかなり長め。標準より腕が長めの自分でも余ってしまい、手首付近で余分な生地を持て余し気味。(短いよりはいいですが)
  • アンダーアーマーほどのコンプレッションはないので、汗をかいた後でも脱ぐのが楽。
  • プレミアムグレードの割には全体的にゆとりがある感じ。

【パールイズミ】クールフィットドライ UV ロングスリーブ(118)

実は当初、同じパールイズミでもこちらのロングスリーブを買うつもりでした。(値段も安いですし)

しかし通販サイトを回ってみたら、欲しい「黒のLサイズ」はどこも「完売」状態…。

しょうがないのでプレミアムグレードの方を買った次第です。

現在在庫が復活しているサイトもありますが、早めに動かないと在庫が厳しいみたいですね。

「アームカバーが面倒な方」や「ずり落ちてしまう方」は、一度夏用の長袖インナーを試されてはいかがでしょうか?

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。