ロードバイク初心者の購入インプレ等

四日市の理系整体師のブログ

ZWIFT(ズイフト)

【スマートトレーナー】「Elite Qubo Digital Smart B+」を使いこなす

更新日:

「ANT+」「FE-C」「Bluetooth」という拡張性の高い規格をサポートしているElite製スマートトレーナー「Qubo Digital Smart B+」。

ANT+ 規格

Zwiftに限らず今後これらの規格で動く様々なサービスやデバイスが登場するのではないでしょうか?

Quboとデジタルデバイスの組み合わせ、その活用法をまとめてみました。

活用法① 「Zwiftを使う」

ミノウラのLR340を購入するきっかけになり、そして半年経たずしてそのLR340からQuboへの買い替えを促したZwift。

Zwift Watopia

Quboで勾配を再現しながらのライドやZwiftのワークアウト機能を活用すればトレーニングが捗ること間違いなしです!

オンライン&ソーシャルな要素がZwiftの一番の魅力ですね。

活用法②「Garmin Edge520Jを使う」

Garmin Edge520J

Garmin Edge520Jは「ANT+」はもちろん「FE-C」もサポートしています。

ですからEdge520Jからスマートトレーナーを操作することも可能です。

QuboをEdge520Jに認識させてみました。

Edge520JとQuboのペアリング

Edgeのメニューから「センサー追加」を選び、追加するセンサーの種類は「トレーナー」を選択します。

Edge520Jとスマートトレーナーをペアリング

あっさりと認識。ペアリング終了!

Edge520Jとスマートトレーナーをペアリング

上段から「Edge510J付属のスピード・ケイデンスセンサー」「心拍計のvivosmart HR J」「Qubo」「アクションカムのVIRB-J Elite」ですね。

Edge520Jとスマートトレーナーをペアリング

ちなみにEdge520JはパワーメーターがあるとFTPテストができます。

Zwiftでパワー表示できるので、もしかしてパワーメーターとしても認識されているのでは?と期待したのですが、パワーメーターとしては認識されずFTPテストは実行できませんでした。(FE-CプロトコルとBPプロトコルの違い?)

Zwift中にEdge520Jでもログを録ってみる

ZwiftをプレイしながらEdge520Jを使ったらどうなるか試してみました。

各種センサーの数字がZwift上とEdge上と両方に表示されます。

  • ケイデンス・心拍・パワーはほぼ同じ。(当たり前?)
  • スピード・距離に関してはZwiftはバーチャルコースの勾配も加味しているので、当然Edgeとは異なります。

ZwiftでトレーニングしたログをGarmin Connectにも残したい場合はいいですね。

ただStravaと連携していると、

  • ZwiftStrava
  • Garmin ConnectStrava

といった具合にアクティビティがダブってStrava上にアップロードされてしまいます。

(追記 2018年1月)

Zwiftが「Garmin Connect」とも連携できるようになりました。

連携させるとZwiftのデータは「Strava」と「Garmin Connect」双方に送信されますが、「Garmin Connect」から更に「Strava」へ転送されることはなく、「Strava」上でアクティビティがダブって記録されることはありません。ただしEdge単体でも記録すると、上記と同じくダブって記録されます。

(たまにZwiftから「Strava」にデータが転送されないことがあるので、ログ管理をしっかりしたい方は予備としてEdgeでも記録しておくことをお薦めします)

Edge520JからQuboの負荷を変更する

Quboの負荷は専用のスマホアプリ(iQubo)からだけではなく、Edge520Jからも負荷の段階を変更できます。

いちいちスマホを持ってこなくていいので便利ですね。

メニュー「トレーニング」⇒「トレーナー」⇒「レジスタンス設定」

Edge520JとスマートトレーナーをペアリングEdge520JとスマートトレーナーをペアリングEdge520Jとスマートトレーナーをペアリング

0~11の11段階に調整できるようです。

Edge520JとスマートトレーナーをペアリングEdge520Jとスマートトレーナーをペアリング

Edge上で負荷レベルを変えると、Qubo本体から「ウィーン」とモーターの動作音が聞こえます。

こうすれば普通の固定ローラー台として使えますね。

Edge520Jで「ターゲットパワー」を設定してトレーニング

ターゲットパワーとは維持したいパワー(W)のことです。

ZwiftのワークアウトのERGモードと同様に、ペダリングやギアに応じてスマートトレーナーが負荷を追従調整することで目標のパワーを維持しやすくなる機能です。

前述の負荷を固定したトレーニングもそうですが、これらはワークアウトのような「鍛える」目的よりも、ペダリングを「研究・検証」するのに良さそうですね。

Garmin Connectで作成したワークアウトを行う

以前3本ローラーでトレーニングを行う際、PC上で「Garmin Connect」を使ってワークアウトを作成したことがあります。

この時作成したワークアウトは「心拍トレーニング」と呼ばれるもので、心拍ゾーンを目安に行うものです。

Garmin ワークアウト

ターゲットパワーにスマートトレーナーを追従させることができるので、心拍トレーニングはもちろんパワートレーニングが捗ります。

GarminWorkout

実走データのコースを再現する

実際に走った履歴からもしくはマップを使ってGarmin Connect上で「コース」というデータを作ることができます。

またEdge内部には過去の実走時の様々なデータが「アクティビティ」として残っています。

メニュー「トレーニング」⇒「トレーナー」⇒「コース」or「アクティビティ履歴」

DSCN2625 DSCN2626 DSCN2627

これら「コース」「アクティビティ」のデータを使うと、実走時と同じように走行距離に応じて勾配(ローラーの負荷)が変わります。

Edge520Jでローラー練

目をつぶると「あぁ、ここはあの橋の手前の登りだな…」とかイメージできるかもしれません。(^^;

活用法③Eliteのアプリを使う

エリート社からローラー台用のアプリがいくつか出ています。

Elite-App

「my E Training」(有料:年1000円強)

エリート社ローラー台用のスマホアプリです。ミノウラの「LiveTraining」に相当するものですね。

「コンコーニテスト」と呼ばれる心拍数を計測するモードや、地図を使って任意の2点間の距離&高度データを作ってスマートトレーナーに負荷をシミュレーションさせる「コースマップ」モード、更に自分が「MyRealVideo」アプリを使ってスマホで撮影したコース動画を見ながらのバーチャルライドができるようです。

Elite my E Training

ZwiftやGarminを使用しない人なら魅力的なアプリだと思える内容です。

「iQubo」(無料)

スマートトレーナーのリモコンアプリです。

アプリの説明書きを読むと

  • エリート製のQubo Digital、Forte Trainer、Arion Digital Trainerに対応。
  • Elite製Apple用の「ANT」ドングルが必要。ガーミンの「ANT+」アダプターはダメ。

とあります。実際に使ってみましたが、Bluetooth経由で行う負荷制御や速度・ケイデンスを拾っての処理は問題ありませんが、心拍数を必要とするメニューなどは機材が揃っていないのでセットアップ途中でエラーになり先に進めなくなります。

コンコーニテストやコースマップなど、上記の「my E Training」と重複している感じですね。

my E Trainging

現在地に合わせて勾配表示とローラー負荷が変化します。

「MyRealVideo」(無料)

このアプリを使って動画を撮影すると、スマートトレーナーで再現するための必要なデータが一緒に撮れるそうです。

エリート My Real Video エリート My Real Video

世界各地のユーザーが撮影した動画もダウンロードして利用できるので、見知らぬ海外の道を走っている気分に浸れるかもしれません。

これらエリート製のアプリを使う方法は別途ANTドングルを用意する必要がある上に、コースマップを作成するアプリも使い勝手がいいとは言えないので微妙ですね。ガーミンを使っている人はそちらで事足りそうです。

その他

最近知ったのですが、「BKOOL」というサービスがあるんですね。

BKOOL

Zwiftとはちょっと違う雰囲気でこれまた面白そうです。

(参照)株式会社ポディウム「BKOOL」

-ZWIFT(ズイフト)
-,

Copyright© 四日市の理系整体師のブログ , 2018 All Rights Reserved.