ホイール沼

【BORA ONE】心と脚を奪うホイール「ボーラ・ワン」

投稿日:2017年2月11日 更新日:

鈴鹿山脈の峠の多くが「冬季通行止め」になってしまうので、冬は海沿いの平坦なルートを走ることが多いです。

ですから最近はピナレロに履かせてある「ボーラ・ワン」が大活躍しています。

ピナレロ + ボーラワン

  • カーボンフレーム
  • 電動アルテグラ
  • ボーラ・ワン50

見た目も最高にカッコいいですし、性能面でも一つの頂点に達した感じです。

約1か月乗ってみたところで、初めてのカーボンホイールであるボーラ・ワンのインプレをお届けします。

デリケートなカーボン・ホイールに対する恐怖

フレームもそうですが「カーボン製=割れる可能性あり」というイメージが強く、乗り始めるまでは楽しみと同時に不安もかなりありました。

  • コケて割れたらどうしよう?
  • 下り坂のブレーキングでリムを溶かしたらどうしよう?

でも、実際に乗り始めると慣れと開き直りで「割れたら割れたでしゃーない!」などと考えるようになり、そこまで神経質にならなくなりました。(高価な機材なのに、慣れっておそろしい…。)

ボーラワン50 クリンチャー タイヤ装着後

ワイドリムなのでコンチの25Cがピッタリ。

ブレーキーシューの削りカスの量にドン引き

カーボン・ホイール用ブレーキシューは、カーボンリムを傷めないよう、柔らかく優しいつくりです。

リムを傷めない代わりに、シュー自体が傷むんですね。

だからって

「この削りカスの量はなんじゃぁぁ!(汗)」

って感じでした。(近所30kmぐらい乗っただけでコレでした↓)

カーボンシュー 削りカス

最初ブレーキシューに路面のゴミがくっついたのかと思いました。

特にシェイクダウン直後が酷かった感じです。

イエロープリンスのOEM品なのでちょっとお財布に優しいですが、純正品だとブレーキング時に10円玉まき散らしながら止まっているイメージですね!

Pro LiteブランドSwissstop OEM Black Prince
カーボン・ホイール導入へブレーキシューを交換

Wiggleのセール価格で「在庫有り」のタイミングでアクセスでき、そのまま無事決済を終えたボーラワン。 とテンション上がりまくりだったのですが、しばらくしてブレーキシューをカーボン専用に変えないといけ ...

続きを見る

「BORA ONE」は楽しいホイール

自分にとって「デュラ・ホイール(WH-9000-C24-CL)」は、

  • ヒルクライムを楽なものに
  • ロングライドを疲れにくいものに

変えてくれる「楽なホイール」です。

支持される方が多いですが、使ってみて私も大好きになりました。

Shimano WH-9000-C24-CL
憧れの軽量ホイール「デュラ・エース C24」を購入

カミさん用に購入した「カンパニョーロ・ゾンダ」を使うことで、ヒルクライム時の軽量ホイールのメリットを痛感した私。 と決意し、Wiggleでレーシング3をカートに入れてポチろうとしたのですが、数分迷って ...

続きを見る

一方で「ボーラ・ワン」は「楽しいホイール」という印象です。

  • カッコいいから、乗っていて気分がイイ!
  • 平坦ならソコソコのスピードを楽しく回してキープできる。
  • 新幹線のようにスルスルと加速して高速巡行へ導いてくれる。(脳内イメージです)

乗っていて心がウキウキするホイール、それが自分にとってのボーラ・ワンです。

ただし「楽しく勘違い」して回しすぎるのが欠点です。

調子に乗って前半飛ばしすぎて、後半にバテてしまいます…。

乗り心地ですが、25Cの幅のタイヤを履いているせいか、カーボンフレームのせいか、思っていたほど硬い感じはしません。

でもデュラ・ホイールに比べるとホイールの存在感というか、剛性感を感じます。

そしてディープリムなのに重たくない。

以前使っていた「PRO-LITE Bracciano A42」に比べると、リムハイトは8mm高いのに300g軽いという、凄いホイールです。

Front Rear
PRO-LITE Bracciano A42 817g 984g
Campagnolo BORA ONE 50(CL) 655g 830g

但しお値段も約4倍違いますが…。

Pro-Lite Bracciano A42
【ホイール】「PRO-LITE Bracciano A42」が届きました!

Wiggleで存在を知ってからずっと気になっていたロードバイク用ホイール「PRO-LITE(プロライト)製 Bracciano(ブラッチャーノ) A42」が届きました! が届きました。 【Wiggle ...

続きを見る

Pinarello FP Quattro 2013 (Ultegra Di2 6870)

メーカー・フレームの色を問わず「見た目最強」にしてくれるホイールだと思います。

ロードバイク購入当時の自分にとっては、両方とも「本番用ホイール」という印象でした。

「普段のポタリングで乗るなんて、とんでもない!」と思っていました。

それが、まさかこんなこと(普段使い)になるとは…。

しかし、レースに出ない自分にとって、毎週のサイクリングが本番なのでまぁいいか。(^^;

カンパニョーロ ボーラ・ワン50 クリンチャー 開封

ボーラ・ワンを買ってからホイールに対する物欲がなくなりました。結果「安上り」かも?

【Wiggle】Campagnolo Bora One 50 クリンチャーホイールセット 2018

-ホイール沼
-

Copyright© 四日市の理系整体師のブログ , 2018 All Rights Reserved.