さらばfon、こんにちはAterm

PCデータのバックアップについてですが、念願のRAIDを導入することを決意しました。

余談ですが、RAIDは20年前に情報処理技術者の勉強をしていた頃からすでに存在してまして、以前の職場ではNT Server4.0にSCSIのHDDを5台ぐらいつないでRAIDを実現していました。RAID3 or 4 or 5のどれかだったと思います。

~バックアップ作業の変遷~

10年ぐらい前 … 気が付いた時にDVDに焼く。

数年前 … 気が付いた時にUSBメモリにコピーする。

最近 … 週に一回バックアッププログラムを走らせ、ポータブルHDDへ保存。

 

そして先日Win8.1のマシンを導入しました。

そうなるとそちらのマシンからも、いつものデータにアクセスしたくなるわけです。

共有フォルダを使えばできるのですが、この際RAIDのNASを導入してファイル共有とバックアップの両方を解決しようと考えたわけです。

Amazonのレビューを見ていて、ちょっと高いけどすごく評価がいい「Synology DS215j」にひかれました。勉強すれば単なるファイルサーバーとしてだけではなく、いろいろなことができそうです。

特にiOS端末の写真をWindowsマシンで使用するためにNASに放り込みたいわけですが、データ転送が簡単&安定してそうなことが決め手になりました。

転送速度がすごく速いそうなのですが、そうなるとボトルネックになりそうな所が出てくるわけです。

なんと現在会社のLANで使っているルーターは数年前にiPhoneを購入した際タダでもらったfonルーター。今となってはセキュリティの面でも評判よろしくない。

そこで比較検討した結果、NECのAtermWG1800HPを導入することに。

中身です。

NEC Aterm WG1800HP2

 

箱の裏面です。子どものネットワークアクセスの時間も管理できるみたいですね。

自宅にも欲しいなぁ。でも自宅のAterm WR8175Nは一昨年の1月に購入したばかりで特に不満はないんですよね。

WG1800HP2 箱裏

 

Aterm WG1800HP2端子部分

有線もたくさん繋げます。

Synology DS215jとメインのDELLのVistaマシンは有線接続するつもりだったのでここは大切なポイントです。

最低限の設定をしてネットワークとして使えるようになりました。これからマニュアル読んでもっと使いこなしたいと思います。

Aterm WG1800HP & Synology DS215j

 

メカ的には目立ったトラブルもなく安定してましたね、マイfonルーター。

fonルーター

タダでもらった割には業務用として使い倒した形です。

お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。