【DURA-ACE】やっとBianchiに新デュラ一式(R9100)を取り付け

昨年秋から放置してあった「新型デュラエース(R9100)」のコンポをようやく取り付けました。

9000デュラでも言われていることですが、FDは105とはマジ別物でした。

大雑把ですが、取り付けたときの様子をご紹介します。

(1)現コンポの取り外し・掃除

外す際に注意した点です。

  1. ケーブルの取り回しを写真で記録しておく(特にBB下のケーブルガイドの様子とか)。
  2. 取り外したアウターケーブルが、どこの場所にあったのか付箋で分かるようにしておく。

1についてですが、記憶しながら取り外したつもりでも、いざ取り付けようとすると「あれ?こうだっけ?」というのはよくあります。

ですから外す前に写真を撮っておくと安心です。

BB下のケーブルガイド

BB下のケーブルガイドです。取り付け向きやボルト穴の位置を覚えておきます。今回は正しい向き以外取り付けられない状態だったので無用でしたが…。

2については、アウターケーブルの長さを決める参考にするため…、というかそのまんま真似しました。

通販で買ったロードバイクですが、ショップで組み上げて届けてもらい、今まで問題なく乗れていましたので。

納車直後に比べてステムを短くしたので若干ケーブルが余り気味ですが、またステムを伸ばすかもしれないので今までと同じ長さにしました。

取り外したケーブルに付箋をつけておく

あと「BBが固着して外せなかったらどうしよう?」と不安だったのですが、大丈夫でした。

ビアンキ インプルソ BB

購入して2年弱、雨天時は乗らないのでキレイでした。

折角フレームだけの状態になったので、ガラスコーティング剤を塗布しておきました。

ロードバイク ガラスコーティング剤

AZ製ガラスコーティング剤「アクアコートシャイン(BCT-001)」です。

塗布する前です。

ロードバイク フレーム ガラスコーティング前

Before

塗布した後です。写真だとあまり違いがわかりませんね。手触りが良くなったのと、若干ツヤが増した感じです。

ロードバイク フレーム ガラスコーティング後

After

車でもそうですが、ワックスやコーティング剤での見た目の変化は、黒や紺など濃い色でないと差がわかりにくいですね。

これで「泥はね」や「ドリンクボトルから飛散した中身」が落ちやすくなれば満足です。

(2)クランクセット(FC-R9100)の取り付け

年末にピナレロを電動アルテ(6870)で組んだばかりなので、要領を覚えていてスムースでした。

新型デュラエースBB

AZの万能グリスを持っていましたが、新たにシマノの「プレミアムグリス(デュラグリス)」を購入しました。

使い込んでいないBBをわざわざ外し、新たにR9100のBBに変えたところで、違いはわからないことでしょう…。

BB-R9100

パークツールのボトムブラケット工具(BBT-9)を使って取り付けます。

  • SM-BBR60の付け外しにはアダプター「TL-FC25」
  • BB-R9100SM-BB9000の付け外しにはアダプター「TL-FC24」

が必要ですが、BBを購入するとセットで付属しているようです。

BB-R9100取り付け

これで新デュラの特徴ともいえる極太クランクを挿入できます。

FC-R9100

デジタルトルクレンチを12[N・m]にセットして締め上げます。

クランクセット 規定トルク

新デュラらしくなってきました。

FC-R9100 取り付け

(3)フロントディレイラー(FD-R9100)の取り付け

機械式のFDを取り付けるのは今回が初めてでした。

噂によると「今までとはやり方が異なる」ということでしたが、なんせ「今まで」を知らないので違いがわかりません。マニュアル通りに取り付けたところ、問題なく動作しています。

FD-R9100 取り付け作業

将来の乗せ換えも考え「直付けタイプ+バンドアダプター」にしました。

新しい型番(SM-AD91)の発売前だったので、9070用のクランプバンド(バンドアダプター)(SM-AD90-L)を使っています。

FD-R9100 取り付け作業

サポートボルトをねじ込んでいくと、クランプバンド(バンドアダプター)にあたります。なのでバックアッププレートは不要のはず。

チェーンリングとの隙間を見ながらクランプバンドの高さを決めます。

FD-R9100 取り付け作業

マニュアルに従って調整していきます。

FD-R9100 取り付け作業

チェーンリングとガイドプレートをツライチにしている様子です。

左STIレバーにインナーケーブルを通し、FDまで取り回します。

ワイヤーを固定するボルトの上部に蓋(リンクカバー)がついています。上に引っ張ると取り外せます。

FD-R9100取り付け作業 FD-R9100取り付け作業

ケーブルガイドを通ったワイヤーをFDのガイドに通します。

FD-R9100取り付け作業

固定ボルトを外すとこんな感じです。

FD-R9100取り付け作業

CABLEと書かれた矢印のボルトで、ケーブルの張りを調整できます。これも今までになかった機能のようです。

そこにインナーケーブルを通します。

FD-R9100取り付け作業 FD-R9100取り付け作業

で、ここからクルっと巻き付けて後ろにケーブルを誘導します。

FD-R9100取り付け作業

蓋の部分にケーブルを通す穴が開いています。

マニュアルによると、FDのインデックス調整作業は

  1. 「インジケーター」を使ったケーブルの張り調整
  2. トップ側ボルト(H)でアウター位置の調整
  3. ロー側ボルト(L)でインナー位置の調整

といった流れになっています。

今まで最後に行ってきたケーブルの張り調整が、一番最初になっているそうです。

FD-R9100 インジケーター

しかもケーブルのテンションを調整する目安として上の図にある「インジケーター」が導入されました。

下の写真のパーツの場所に段差があるので、それが一直線になるようにケーブルの張りをボルトで調整します。

FD-R9100 インジケーター

FDに内蔵されたテンション調整のためのボルト、もしくはフレーム側のアジャスターをつかって赤と青の線が一直線になるように調節します。

(4)リアディレイラー(RD-R9100)の取り付け

今まで「Bテンションアジャストボルト」をねじ込まなくても、適切かどうかは別としてガイドプーリーとスプロケットが接触することはありませんでした。

RD-9100 取り付け作業

しかしR9100は「シングルテンション構造」になり、Bテンションアジャストボルトの位置も従来と異なるようです。

今までのリアディレイラーを手で伸ばすと、ウニョ、ウニョっとバネで繋がれた関節が2つあるイメージでしたが、それが1つになったというイメージでしょう、たぶん。

11-30Tのスプロケをそのまま取り付けたら、ローギア付近でスプロケとガイドプーリーが当たってしまいました。

RD-9100 取り付け作業

ツメがしっかり当たっていることを確認してから調整を行います。

RD-9100 取り付け作業

ケーブルに負担が少なそうなアウター受けの場所。

RD周辺だけは金属皮膜がないフニャフニャの専用ケーブル(OT-RS900)を使います。

RD-9100 取り付け作業

RDのアウター受けの場所が動かないから、もっと短く切った方がいいみたいです。(失敗したら嫌なのでカットしていません。)

RD-9100 取り付け作業

Bテンションアジャストボルトはここ↓です。

RD-9100 取り付け作業

詳しくはシマノのマニュアルをご参照ください。

新型デュラエースR9100のインプレ

デュラ ブレーキ BR-9100 インプレ

インプレといっても、パワーメーター付きペダル「Vector2J」が移植後校正エラーを出すようになってしまい、現在修理依頼中なので実走できていません。(^^;

そんな状況ですが、早くも調整時に感動する出来事がありました。

インナーからアウターがすごく軽い!

それはFDの軽さ&速さです。

新デュラを買ってみたものの、どうせ「あ~、何となく違うような…いい感じですね~」ぐらいの体感しかないだろうとタカをくくっていました。

しかし開けてビックリ、

「うっわ!何このFDの引きの軽さ!」

そしてレバーを倒してから変速が完了するまでの速いこと。

  • 105 → カチッ!(ヨッコラショ)…ガチャン!
  • R9100 → カチ( ガチャン!)ッ!

「え?レバー倒しきると同時に変速完了してる!?」

なぜ同じ機械式なのに、こうも違うのか??

ホント不思議です。

FD、RDともに9000系に比べて大幅な設計変更がされているそうで、FDは9000デュラより更に引きが軽くなっているそうです。

105(5800)の皆さん、FDは新デュラにグレードアップする価値はあると思いますよ!

ホイールを鉄下駄からZONDAに変えた時ぐらいに感動しました。

ロードバイクのけんたさん

30T対応でもチェーンが暴れない

今まで乙女スプロケ(32T)を使うために、RD-5800をSSからGSに変え、ピナレロに組んだRD-6870もGSにしたのですが、ロングケージだとどうしてもギアチェンジの時にチェーンが暴れる感じがしました。

R9100ではRDの構造が見直され、ガイドプーリーとスプロケの距離が一定になるような軌道になったそうです。

RD-R9100は従来のGSに相当するようなケージ長ですが、ワイドレシオのスプロケを使っていても、ギアからギアへのチェーンの受け渡しがすごく滑らかです。

スチャスチャ変速するので、調整で眺めていて「美しいな~」と思います。

これだけでも5800や6800のGSより、ワイドレシオの変速性能が向上しているのは想像がつきます。

早くVector帰ってこないかな~。

実走はピナレロでできるけど、Zwiftができない(パワメなしだとやる気がしない)のがストレスです。

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

2 件のコメント

    • 生え際の祈祷師様
      いつもご覧いただきありがとうございます。STIも9100に変更しております。雑誌などで言われているように、微妙に握り心地も違いますね。まだVectorが修理から帰ってきていないので、実走できないのが残念です。(^^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。