【Garmin】「vivosmart J HR+」の追加で腕時計タイプ心拍計がカオス状態

少し前に海外で「Garmin vivosmart HR+」が発売されました。

まもなく日本でもローカライズされたものが発売される予定です。

ジョギングを再開した時にGPSログが録れないことで見切った「vivosmart J HR」に、GPS搭載バージョンが追加されたのです!

最初からコレがあったら「ForeAthlete 235J」に買い替えていなかったかもしれません…。

腕時計型の心拍計を検討中の自転車乗りの方は、ますます迷いそうですね。

ガーミンの腕時計タイプ心拍計のスペック比較

vivosmart J HR vivosmart J HR+(New!) vivoactive HR ForeAthlete 235J
アマゾン価格 14,195円  26,800円  34,483円  34,500円前後
 ディスプレイ  25.3 mm x 10.7 mm  25.3 x 10.7 mm  20.7 x 28.6 mm(カラー)  31.1 mm(カラー)
 解像度  160 x 68 pixels  160 x 68 pixels  205 x 148 pixels  215 x 180 pixels
 重さ  29.6g/32g  31g/33 g  47.6g/48.2g  42 g
 タッチスクリーン  ○  ○  ○  ×
 Connect IQ × ×
 GPS  ×
 サイコン化 × ×
 FootPod対応 × ×

私が勝手に想像する「vivosmart J HR+」がベストチョイスになるのは

  • できるだけスタイリッシュなスマートウォッチがいい
  • ウォーキング(ジョギング)でGPS計測で正確な距離を知りたい

という方でしょうか?

Garmin vivosmart HR+

GPSなしの「vivosmart J HR」でも「ステップ数×設定歩幅」で概算距離は出ますが、当然正確ではありません。

距離のモヤモヤを解消したいけど、マラソン大会等に出るつもりはない方、とか…?

ラン(ジョグ)も頑張る方なら、235Jのボタン式がオーソドックスで使いやすいと思います。

特に右2機種はガーミンの別売りセンサー「Foot Pod」というマニアックなセンサーに対応しているので、その点もメリットかも。(ナイキやアディダスのインソールの穴にも入るみたいです。)

「Foot Pod」は屋内ラン(トレッドミル)やトンネル内などGPSが使えない環境で正確に距離を測れるシロモノだそうです。

むしろGPS計測より更に距離が正確に出るみたいですね。

距離の精度: 「スマホGPS」「ガーミンデバイスGPS」「ガーミンセンサー Foot Pod」

というのはこれは単なる「歩数計センサー」ではなく、最新の慣性センサー技術を使ってストライド長(歩幅)の変化を分析しているので、98%の精度でスピードと距離を測定できるそうです。何だかすごいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。