【Rapha】「Team Sky Spray Jacket 」 を購入

去年「欲しいなぁ」と思いつつ、迷っているうちにサイズがなくなってしまい、販売終了になったRaphaウェアの今年版を購入しました。

Team Sky Spray Jacket 2016

Team Sky Spray Jacket(チームスカイ スプレイジャケット)

フード付きのウィンドブレーカーみたいな品物です。

スプレイ(Spray)というのは、撥水加工を意味するのでしょうか?

特徴

  • 耐水性の軽量ナイロン素材
  • フード付き
  • 東レのライクラ®ファイバー素材を使った袖口
  • ジップ式バックポケット1個

フードとウエスト部分にバタつき防止のゴム紐が通っています。

外観

2015年モデルは前面無地だったのですが、今年はジャージ同様水色と白の横線が入りました。

Team Sky Spray Jacket 2015年版

2015年のデザインはフロント黒無地です。

イメージカラーの水色ですが、今年は若干グリーンが入ったような水色になっています。

Team Sky Spray Jacket 2016

水色の比較です。手前が2015のBrevet Jerseyです。後ろ(右)が2016 Spray Jacketです。

Team Sky Spray Jacket 2016Team Sky Spray Jacket 2016

フードを畳んで固定する術がないことが残念ですが、襟の内側に織り込んで着てしまえば大丈夫でしょうか?

Team Sky Spray Jacket 2016

背面のジップ付きポケットを開けると…

Team Sky Spray Jacket 2016

ポケットの中にRapha定番のコダワリが。

Team Sky Spray Jacket 2016

内側は首の後ろが2枚重ねになっている以外、普通の作りです。

Team Sky Spray Jacket 2016

サイクリング用なので袖が長めであることに加え、袖口にライクラ素材を使った絞りがあるので、袖口からの風の侵入を防いでくれそうです。

Team Sky Spray Jacket 2016

サイズ感

ジャージ類と同じXLサイズにしたのですが、アウターだけあってちょっと大き目です。

セーターの上に重ね着しても大丈夫そう。

通勤とサイクリングと両方に使えそうなアイテムで、これからの季節が楽しみです。

追記(2016年3月10日)

気温10度以上の時に「Yシャツ&ネクタイ」の上から羽織って自転車通勤(10分弱)すると、脱いだ時に背中が蒸れて水滴がついています。生地は薄手ですがベンチレーションがないので、割と寒い時期やダウンヒル時の寒さ凌ぎに着た方が良さそうです。

春や秋は以前購入した「Team Sky Merino Hooded Top」の方が快適ですね。

【ウェア】Raphaのアウター買っちゃった

2015.11.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です