バーエンドにテールライトを取付

注文したことすら忘れかけていた時分になってバーエンドに取り付けるLEDテールライトが中国から届きました。

購入理由

現在サドル下に「Moon COMET」という強力なテールライトが付けてあります。

なぜバーエンドにも?と思われるかもしれませんが、ズバリ「トンネル対策」です。

最近よく登っている鈴鹿スカイラインのトンネルの中(ロープウェイ下の所)が怖いんです。(><)

下りはともかく、登りの時です。

このトンネルは勾配が結構きついです。

そこに左側の路側帯は歩行者用?に十数cmの段になっていて車両は進入できない構造です。

鈴鹿スカイライン トンネル

車道外側線の上をフラつかないように慎重に走っていると、後ろからエンジンを吹かしながら車が迫ってくるわけです。

トンネルの中に響き渡る後ろからのエンジン音…。

自分の存在に気づいてくれなかったら…と考えるとすごいプレッシャーです。

最大限自分の存在をアピールしたくなります。

最近は昼間でも事故防止のため、できるだけMoon COMETを常時点滅点灯させているのですが、点け忘れた時のためにも手元でOn/Offできるテールライトがあるといいなと考えていました。

リモコンでフロント・テール・ウインカー一式操作できるボントレガー製ライトを雑誌で見かけましたが、すでにいい値段のライト類を持っているのでリモコン機能のためだけに買い直すことはできません。

アマゾンでバーエンドに取り付けるテールライトを調べていたら安くてレビューもまぁまぁだったので注文したのでした。

それから一か月弱経って到着しました。

開封の儀

百均では無理でも300円均一ならありそうな品物です。

バーエンド テールライト

裏の説明書きです。

バーエンド テールライト

分解するとこんな感じです。

バーエンド テールライト

バーエンドキャップを外したら、この胴体を嵌めこんでプラスねじを締めていきます。

バーエンド テールライト

するとナットとの間に挟まれたシリコン状の物が潰されて径が大きくなり、パイプの内部に引っかかるようになり、固定される…という構造です。

ボタン電池はLR1130を2個直列で使用します。(付属しています)

バーエンド テールライト

ボタン部分のシリコンです。

取付時に先ほどのプラスねじを奥まで押し込んでいないと電子ユニットが出っ張ってしまい、ボタンが上手く機能しなくなります。

バーエンド テールライト

ボタンの操作感は悪くないです。

バーエンド テールライト

取り付け後

バーエンド テールライト

押すたびに「消灯→点滅→点灯」が切り替わります。

バーエンド テールライト

Moon COMETも点灯させた状態です。

バーエンド テールライト

右側だけあれば十分なので、もう一つはカミさんのTCR1に取り付けました。

バーテープの厚みの違いか内径の違いかわかりませんが、ボタン部分を付けない状態でTCR1に嵌め込んだらスッポリ奥まで入り込んでしまったので、ビニールテープを巻いて太くして取り付けました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です