【ヒルクライム】初めての表二ノ瀬、そして100kmライド達成

新しく装着したホイールのシェイクダウンを兼ねて、表二ノ瀬を登る100kmライドにチャレンジしてきました。

Bianchi IMPULSO & Pro-LIte Bracciano A42

我ながら楽天的(無謀?)な計画をするものだと思いました。

その理由は

  • 「初めて」のディープリム
  • 表二ノ瀬を「初クライム」
  • 「初めて」使うスプロケ、平地仕様の12-25T
  • 「初めて」SPD-SLの赤クリートを使う
  • 「初めて」の100km達成を目指す

初めてづくしで記録を作ろうという暴挙です。

例のごとく早めに出発して暑くなる前に帰宅しようと思っていたのですが、寝坊に加えてクリートの交換などゴタゴタしていたら9:30出発という、お昼の炎天下ライド確定モード…。\(^o^)/

SPD-SL 赤

夏場のボトル体制が決まる

夏のライド中は冷たいものが飲みたいです。

「運動時の給水には常温の物がいい」という説もありますが、そんなんじゃ私のテンションは上がってきません。

レースに出るわけではないので、すぐ飲める状態のボトルは1本あればいいわけで、それがなくなればその都度止まって、そこへ補充できれば必要十分なのです。

で、気づいたのが

「キャメルバックの保冷ボトル、ICEポディウム1本をダウンチューブに差し、2本のステンレス水筒をサドル後ろに積む」

というスタイルが自分にはベストであるということです。

ロードバイク ボトル3本

キャメルバックのICEポディウムの保冷力もなかなかですが、やはりステンレス製の保温水筒には敵いません。

ロードバイク ボトル3本

ステンレスの水筒を持っていることで、コンビニや自販機で新たに冷たい飲み物を購入した時、そこからまたしばらくの間冷たい飲み物にありつける、というメリットが生まれます。

ロードバイク ボトル3本

とりあえず楽して二ノ瀬入り口を目指す

前回の表二ノ瀬を下った感触から「相当脚を残してたどり着かないとヤバい」と思い、アップダウンは少ないけど大回りな桑名経由で行くつもりだったのですが、朝日町の辺りで道に迷い、多度を横切るショートカットコースに変更せざるを得なくなりました。

さっそく現れた予定外の伊勢朝日の駅から白梅の丘へのミニクライム。

「やめてくれ~。こんなところで脚使いたくないよ~。」

と心の中で叫びながら登り、桑部橋まで下って来て橋の上でパシャリ。

桑部橋 桑部橋

山と空がきれいです。

国道421号を東員へ向かい、途中で右折し県道612号を多度方面へ。

車で通ったことあるのでわかっていたのですが、この辺もアップダウンが多いんですよね。

二ノ瀬を前にして無駄に脚を使っている感が募ります。

「でもアップダウンを繰り返しても国道258号に出た時、少しでも標高を稼げていたら…」

と思いコギコギして多度大社に到着。

多度大社

ここから国道258号までは少しです。

多度大社

あとは道沿いに二ノ瀬の入り口を目指すだけです。

ちょっと疲れましたが「桑名から多度まで国道258号を登る労力は省けたのだから…」と思っているところに見つけた無情の標識。\(◎o◎)/!

「ここは海抜4mです」

アップダウン繰り返した挙句、出発地点より海抜が2m下がっているじゃないですか!orz

何というご褒美。

取りあえず大桑病院近くのミニストップで休憩です。

ミニストップ桑名多度柚井店

まるごとぶどうパフェ、美味しいです。

ミニストップ桑名多度柚井店

罪悪感なく甘いものを食べれるのがライド中の補給のいい所です。(汗)

南濃町

美しく迫る養老山系の緑。

南濃町 南濃町

駒野の交差点を左折し、なくなったサークルKのことを思い出しながら、この先にコンビニってあったっけと考えました。

南濃町駒野交差点

うん、やっぱりなかったですね。

二ノ瀬峠入口の交差点が見えてきました。

二ノ瀬峠入口

二ノ瀬クライムが始まりかけたところで、ボトルのドリンクは1本強。

うーん、微妙。

自販機があれば補充したい。

でもなさげな雰囲気で、道は少しずつ登り始めます。

20150823_032436000_iOS

諦めて覚悟を決めました、が、工場の脇にありました!!

二ノ瀬峠 自販機

助かった。

ステンレスの水筒にスポーツドリンク系を1本補充し、すぐ飲むキャメルバックのボトルに何を入れようか迷ったのですが、本能の赴くまま炭酸飲料のリアルゴールドを詰めてしまいました。

あ、でも普通においしく飲めましたよ。(^^)v

初二ノ瀬クライムスタート

先週下っているとはいえ、全く道の様子は覚えていないので、カーブ、勾配など手探り感覚で登って行きました。

二ノ瀬峠 自販機

暑さのせいか前回と違いローディーさんもかなり少なめ。

二ノ瀬クライム

途中不意に「後ろから引っ張られている感覚になる」ところがいくつかありましたが、そういう所はきっと勾配もきついのでしょう。

二ノ瀬クライム

フロントは当然インナーでしたが、半分強のところまでギア1枚残して登って来れました。

「さーて、このコーナーを曲がれば山頂のはず!」

二ノ瀬クライム

という思い違いを繰り返すこと5回以上…。

心がだんだんと折れつつも、何とか足を着かずに登り切りました。

二ノ瀬峠山頂

山頂で休憩しつつ、ボトル2本を飲み干しました。

二ノ瀬峠山頂

この時点で走行距離は約50km。

このまま普通に帰るとまたしても80km前後になりそうな感じです。

しんどいので取り敢えず自宅を目指し、距離が足りていなかったら(高低差のない)四日市港方面を周回して帰ってこようという安全策を取ることに。

自宅付近まで来てやはり10kmほど足りないので四日市港ポタリングに出発。

四日市港

山もいいけど、海も癒されます。

四日市港

都心部と川崎で10年以上過ごしましたが、四日市に戻って来て、地元には地元の良さがあることに気づかされました。

四日市港 四日市港

ガーミンの距離計と睨めっこしながら、100kmになったのを確認して自宅に戻りライド終了!

ガーミン510j

無理やり感もありますが、一応100kmライド達成しました。\(^o^)/

Garmin Connect ダッシュボード画面

サイコンの510j上では距離101kmになっていたのですが、Garmin Connect上では100.6kmになっているという…。危なかった。

これからはある程度誤差を考えて長めに走らないといけませんね。

Newホイール「Pro-Lite Bracciano A42」のインプレ

さてさて、新しいホイールプロライト製ブラッチャーノA42を履いての初ライドでしたが、純正ホイールのフルクラム製Racing Sportとの比較です。

  • 坂道での重さの違い わからん
  • 出だしの違い わからん
  • スピードが乗ってからの速度維持のしやすさ 平地でスピード出せていないので不明
  • タイヤの違い わからん

という感じで何とも張り合いのないインプレですが、確実に分かったのは

・横風の影響を受けやすい

・ラチェット音が大きい

という2点です。

また今後気づいたことがあればお知らせしたいと思います。

長文お読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です