Newホイールの為の準備品

インプルソ用Newホイールのための品々です。

(その1)カセットスプロケット(CS-5800 12-25T)

今ある11-28Tを取り外して付け替える、という選択肢もありますが

  • ホイール交換のたびに付け替えするのが面倒
  • 違う丁数(歯数)のスプロケも使ってみたい

という理由で新規購入しました。

CS-5800 12-25T

グレードについて、多くの方の例にならってアルテにしようかと考えましたが、自分には差が分からないと思い、そのまま105グレードで。

CS-5800 12-25T

何でも新品はいいですね。

少し前に11-32Tの乙女スプロケを検討していた人間が12-25Tにして大丈夫なのかという不安はありますが、平地を選んで走れば…ね。(^^;

CS-5800 12-25T

実際手に取って触ってみると「ロー側3枚は一体になっていて他はバラバラ」であるということが分かりました。

CS-5800 12-25T

(その2)PWT フリーホイールリムーバー/フリーホイールチューナーセット

PWT フリーホイールリムーバー/フリーホイールチューナーセット FWRSET

カセットの取り外しには「フリーホイールリムバー」というボルトの頭みたいな工具と、チェーンの一部が付いた「小ギヤ抜き」という工具の両方が要るようですが、取り付けだけなら前者だけで事足りるようです。

PWT フリーホイールリムーバー/フリーホイールチューナーセット FWRSET

いずれ使うでしょうからセットで購入しました。

シマノ製のフリーホイールリムーバーをモンキーレンチに噛ませて使うより、最初から一体になっているこちらの工具の方が評判がいいようです。

安心の台湾製です。

PWT フリーホイールリムーバー/フリーホイールチューナーセット FWRSET

(その3)E-tool(イーツール) ニップル回し #14/15

E-tool(イーツール) ニップル回し #14/15

ホイールのカタログスペックに「14G」と書いてあったので購入しました。

ネットで検索すると、「スポークの太さが同じ14G(2.0mm)でも対応するニップルの回す部分のサイズが3.45mmと3.23mmと混在している」ようです。

「自転車のオオムラ」さんのブログ

この工具には3.5mmという表記がありますが、使えるかどうかはホイールが到着して実際にはめ込まないとわからない状態です。

E-tool(イーツール) ニップル回し #14/15 E-tool(イーツール) ニップル回し #14/15

こちらも安心の台湾製です。

E-tool(イーツール) ニップル回し #14/15

(その4)PARKTOOL ブレイデッドスポークホルダー BSH-4

PARKTOOL(パークツール) ブレイデッドスポークホルダー BSH-4

ホイールのカタログスペックにスポークが「ダブルバテッドエアロ」と表記があるので購入。エアロスポークの場合スポークの向きを考えないといけないので、調整時にスポークを固定する(捻じれないようにする)ために必要らしいです。

こちらはアメリカ製です。( ゚∀゚)o彡° USA! USA!

PARKTOOL(パークツール) ブレイデッドスポークホルダー BSH-4

これらの道具が無駄にならないといいなぁ…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。