iPhone6 Plus の防水ケース

去年の年末からiPhone6 Plusに機種変更して使っていますが、お風呂の中でスマホいじることはしないので、今まで防水ケースなんて考えたこともありませんでした。

しかしサイクルジャージのバックポケットに放り込むようになって、汗や突然の雨による故障が心配になり、いろいろ防水ケースを考えてきましたが、とりあえず百均で購入したZiplocの「中サイズ」(17.7cm×20.3cm)に落ち着きそうです。

PlusでないノーマルiPhone6だとPlus用のケースを買えばかなり余裕があり、出し入れもしやすそうですが、Plus用の防水ケース(袋)にPlusを入れると、液晶画面にビニール袋が引っ付いて、かつ幅の余裕がないので取り出しづらいんですよね。

その点上のサイズのZiplocだと約2倍の大きさで出し入れしやすく、袋を二つ折りにしてバックポケットに入れればちょうどいい感じなので当面はこれで行こうかなと思っています。

ちなみに袋の上から操作もできます。

Ziploc とiPhone6 Plus Ziploc とiPhone6 Plus

iPhone6 Plusにしてから大画面での見易さや操作性もさることながら、バッテリーの持ちが良くなったのが嬉しい誤算でした。

ただケース類はノーマル6に比べるとPlus用はかなり少ないのでそこがネックではありますが。

買い物ついでにイオンバイクをのぞいてきたのですが、売っているミニベロを持ち上げて「うわ、重っ!」と思いました。

CDR214の自分、完全勝利!(^^;

あとCDR214改造用のSTIレバーの比較をしたくて、iWantシリーズを見てきたのですが、Tourneyは親指シフトなので、105と操作性が一緒のClarisがいいかなと思いました。ネットの情報だと、8速用STIでも7速のスプロケを動かせるようなので、リアホイールを変える前に、STI化だけしてしまうのもアリかと。

Yahoo!知恵袋

そうなると、同時にハンドル400mmにして、ブレーキをBR-R451に変えたいからこれまた大がかりな作業になりそう…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。