【写真】D5200用三脚 Manfrotto Befree(アルミ)を購入

先日ベルボンの三脚EX-330Qを破壊してしまいました…。(汗)

脚広げて置いてあったところに、手を滑らせて重量物を落としてしまいまして…。

リュックに入れるために追加購入したEX-Macroは健在なのですが、両者ともD5200を載せると、仰向きのアングルにすると固定しきれずお辞儀してしまうんですよね。重量オーバーです。CoolPix P340を載せるには文句ないのですが。

そこでカメラに詳しいお客様のアドバイスからD5200用にManfrotto製の三脚Befreeというアルミ三脚を買ってみました。

Manfrotto Befree

ちょっと高かったのですが、安いやつだとしっかりしているけど重くなり、三脚だけで3~4kgもあると自転車で担いで持ち歩くのが嫌になるのが明白だったのでこれにしてみました。

Befreeは自重1.4kgです。

耐荷重は4kgあるので、D5200+手持ちのレンズ群なら大丈夫そう。

高いだけあってしっかりとした付属カバーが入っています。

Manfrotto Befree Manfrotto Befree

クイックシューがコインなしで回せるタイプです。

Manfrotto Befree

ベルボンの二つは共通のクイックシューでしたが、コインで回さないといけなかったのでこれは便利!いちいちコインを探すのが何気に面倒くさいんですよね。

折り畳みは、脚を使用時と天地逆になるように畳むタイプです。

Manfrotto Befree

これによって収納時40cmというコンパクトさが可能なんでしょうね。

目一杯伸ばすと全高144cmにもなります。

Manfrotto Befree

175cmの自分が覗き込むのにちょうどいい高さです。

橋の欄干もクリアーできる高さですし十分です。

初めての「自由雲台」ですが、D5200を載せてもしっかりと固定されていていい感じです。

Manfrotto Befree

黒のボディにポイントで赤のパーツが混じっているのがオシャレですね。

Manfrotto Befree

オシャレだと思っていたら、Made In Italyでした。

Manfrott Befree

脚は根元のダイヤルで広い角度と狭い角度の2段階で開脚固定できます。

Manfrott Befree

近々Befreeを担いで深夜自転車部してきたいと思います。

これで当分三脚沼からは離れられそうです。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です