【ロードバイク】この時だけはキックスタンドが欲しい

ロードバイクが届く前は「キックスタンドってあった方が絶対便利なのに、みんな格好つけてなぜつけないの?」と思っていました。

実際に乗り始めてからは「やっぱりいらないかな?」という感想です。

ロードバイクにキックスタンドが要らない理由

一番の理由はなんていっても「見栄えが悪くなるから」です。

ホビーライダーにとって、ロードバイクって乗るだけではなく、鑑賞するための物でもあると思うんですよ。

美しいロードバイクのフォルムが、キックスタンドで台無しになってしまいそうです…。

そして実際に乗り始めて分かったことは、

「思っていたほど必要なシーンがない」

ということです。

ロードバイクを長時間、自分の目の届かない外で放置する…。

盗難やイタズラを考えると、とてもできません。(x_x)

高価なモノ、というのはもちろんですが、やはりカスタマイズやメンテナンスで手をかけているものなので、予想していた以上に愛着が湧いてきて心配になってくるものです。

ですからコンビニに止める時も、店の前の目の届くところにおいて、素早く用事を済ませます。

撮影時にはスタンドはあった方が便利

外では壁やフェンス等に立て掛けてとめるようにしています。

風で倒れるのを防ぐために、最初から地面に寝かせる方も多いようですが。

でも愛車の写真を取りたいときは、スタンドがあった方が好きな構図で撮影できますよね。

そんなときのためにミノウラのスタンドを買ってみました。

「PHS-1 Bike Rest」という商品です。

この商品は2つのパーツからなっています。

  • (1) シートチューブのボトルゲージ取り付け部分に割り込ませるパーツ
  • (2) 駐輪時に(1)のパーツから生やす折り畳み式の脚の部分

(1)の根元の部分は、今ついているボトルゲージ等はそのまま使えます。これ専用に取付スペースを確保する必要はありません。

ミノウラ PHS-1 Bike Rest

(2)の折り畳み式の脚は、5分割されたアルミパイプのなかにゴム紐が通してあって、折り畳んでもバラバラにならず、使う時はゴム紐の力でスムーズに組み立てられる仕組みです。

ミノウラ バイクスタンド PHS-1 Bike Rest ミノウラ バイクスタンド PHS-1 Bike Rest ミノウラ バイクスタンド PHS-1 Bike Rest

他の簡易スタンドより優れていると思うポイントは、(2)に一緒についている「キズ防止の小型ウレタンシート」と「マジックテープ」を使って、シートチューブと後輪を一緒に縛ることで後輪にブレーキをかけた状態にできるところです。

こうすることで車輪が動かず、単に支えるよりも安定します。

インプルソとミノウラPHS-1 Bike Rest インプルソとミノウラPHS-1 Bike Rest インプルソとミノウラPHS-1 Bike Rest

ポタリング中に「美しい景色をバックに愛車を写真に収めたい!」と思うことってありますよね?

そういった用途には、価格も「アップスタンド」の1/3でお手頃ですし、おススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です