【MINOURA】初心者が三本ローラー台にチャレンジ!

実はロードバイク納車前にミノウラの三本ローラー LiveRoll R700を購入してありまして、納車後ボチボチ乗ってみての感想です。

LiveRoll R700

購入までの経緯について

①ローラー台は本当に必要か?

ガチな方や雪深い地方にお住まいの方が必要なのはわかりますが、ホビーライドの中年にローラー台が必要なのか?

自問しましたが、似たような環境のたくさんの人が買っていらっしゃるので、自己満足できれば問題ないという結論に達しました。

②3本と固定とどちらを買うべきか?

3本ローラー

・乗るのが難しい(逆に言えば飽きにくい。バランス感覚を養える)

・自転車部のシーンに出てくるように「いかにも」って感じで自己満足できる

・バイクさえあればすぐ始められる

・(一部の機種を除いて)負荷トレーニングができない

固定ローラー

・コケない(初心者だとこれがすごく魅力的に思える)

・飽きやすい

・負荷トレーニングできる

・セッティングが面倒(もう一台専用バイクが欲しくなりそうな気がした)

という項目を比較検討した結果、三本ローラーに決定しました。

③どのメーカーのどの機種にするか

・レビューを見ていてミノウラが良さそうだったこと。

・Mozローラーを買った人のレビューで、ホイールベース間の微調整ができず(段階調整はできる)困っていて、価格があまり変わらないLiveRoll R700の方を買えば良かった、というコメントがあったこと。

で、ミノウラ LiveRoll R700を購入しました。

LiveRoll R700 LiveRoll R700 LiveRoll R700

LiveRoll R700のホイールベース間調整はスライド調整で行うので、連続的な位置決定が可能です。画面左のクイックリリースみたいな物で、スライド位置の固定/解除を行います。

ちなみに負荷トレーニングできませんが、購入前に想像していたより、回すこと自体大変です。摩擦抵抗だけで結構なトレーニングになります。

LiveRoll R700

もがいたり、ダンシングすることはやめてくださいと注意書きに書いてあるLiveRoll R700ですが、確かに初心者が力んでハネるような漕ぎ方すると脱輪しそうです。

予算の都合がつく方は、激しい漕ぎ方でも安定し負荷トレーニングもできる3本ローラー「エリート E-motion」がおススメです。私も欲しい。

ローラー台実践経過

ローラー台初日

・とりあえず狭い通路の壁際に持たれつつ、漕ぎましたが怖くて数秒壁から手を離して、また壁に手をついて…の繰り返しでした。「キュリキュリキュリ…」と思っていた以上にローラーとタイヤのゴムが擦れる音が大きくてびっくり。でも固定ローラーでいわれるようなゴムの削りカスは出ていませんでした。

ローラー台3日目

・恐怖を感じないようにし、無駄な力を抜き、ある程度の速度で回せば割と安定してくることが判明。この時点で、恐怖の70%ぐらいは消えました。

SPD(マルチ)で漕いでみて

・フラペでの安定感がかなりのところまできた(疲れて失速しなければバランスを崩すことがほぼなくなった)のでビンディングを使ってみましたが、最初こそ嵌って安定するまで落車への恐怖が蘇ってきましたが、そこはパッと足をつこうとすればすぐ外れるSPD(マルチ)。すぐに慣れました。

SPD-SL(黄)で漕いでみて

・数日前からチャレンジしていますが、「意識して踵を外に捻らないと外れない」ということが頭に強くあり、左のビンディングを嵌めるまでと、止まる時がドキドキしますね。

実走と違って漕ぐのを止めてから失速するまでが早いので、バランスを崩しやすいです。

雨の日もロードバイクを漕げる素晴らしいアイテム、3本ローラー台おススメです。私はツールドフランスのDVDでなく、整体関係のDVDを流しながら乗っていますが。(^^;

(追記 2016年4月24日)

LiveRoll R700とR720の比較

新たにミノウラさんから3本ローラーの新型「LiveRoll R720」が発売されました。

ローラーの直径がR700の80mmに対し、R720では105mmと約3cm太くなっています。

何となく想像できますが、ローラーの直径が太い方が「安定しやすい」そうです。

また横幅はR700が415mmあるのに対し、R720では360mmと5cm狭くなっています。

「コンパクトになって場所をとらなくて良い」というメリットとして捉える一方で、「幅が狭くなってローラー台から落車しやすくなるのでは?」という不安もよぎります。

前輪部分の脱輪防止策として、R700では前輪のローラー部分に太めのゴムバンド2本を前輪より外側に来る位置に取り付けることで、ゴムの段差を利用して前輪が中央からずれにくくするものでした。

それがR720ではより本格的なガードプレートが両サイドにつきますので、R700より脱輪しにくいのではないかと思います。

Minoura LiveRoll R720

しっかりしたガードがついているので安心!

予算が合えば、R700でなく後発のR720を選んだ方がいいかもしれません。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。