Nikon D5200購入

今更ですが、少し前にNikon D5200を中古で購入しました。

サラリーマンをしていた頃、勢いでNikon F90Xのヨーロッパなんちゃら記念のキットを買ったこともあり、一眼レフには無関心だったわけではないのですが、再び本格的に始めようとする機会が訪れるとは我ながらびっくりです。

F90X購入当時は入門書を買って勉強しようとしましたが結局読まず、「被写界深度?何それ美味しいの?」状態で、数回使ってお蔵入りしました。それがなぜまた一眼レフに目覚めたかというと、

・ロードバイクを購入

・Twitterで深夜自転車部なるハッシュタグがあることを知る

・夜に便利な明るいレンズ&マニュアル撮影可のNikon Coolpix P340購入

・写真の勉強をしているうちに、一眼レフが欲しくなる

・星空を撮るのに便利そうなバリアングル液晶のD5000シリーズを検討

・コスパから中古のD5200を購入 ←いまココ!

という流れで、自転車沼にはまりながら、カメラ沼にもはまってしまったという…。(汗)

だいぶ前に買ったCoolpix S5100に加えてP340、D5200と3台体制になりました。

Nikon D5200 P340 S5100

P340を購入したので、古いS5100は不要になったのですが、売ろうにも二束三文だし、かといって持っていても使い道もないしなぁ…、と思っていたら、ありました、いい使い道が!

それは「ブログ用の室内写真を撮る専用機」にしてしまうことです。

ブログにアップするには画像ファイルの容量をある程度落とさないといけませんが、いちいちカメラの画像サイズやクオリティの設定をいじるのは面倒ですよね。もしくは、そのままPCへデータを移してアップロード前にソフトでファイルサイズを調整するか。S5100を640×480サイズ撮影に固定すれば、アップロード前のひと手間が省けるので、そうしていこうかと思っています。

デジカメ液晶比較

D5000シリーズの情報をネットで調べていると、キットレンズよりも別のレンズを付けた方が幸せになれるという記事をいくつか見かけ、価格コムのレビューに背中を押され、レンズも中古で買ってしまいました。

そのレンズはナノクリスタル、F2.8のフルサイズ対応。

AF-S Microニッコール 60mm

Nikon AF-S Micro Nikkor 60mm f/2.8G ED

輝くNの文字。逆光にも強いナノクリスタルの証。

Nikon AF-S Micro Nikkor 60mm f/2.8G ED

レビューで「爆速AF」との評がありますが、キットレンズと比べるとまさに納得の速さです。

Nikon AF-S Micro Nikkor 60mm f/2.8G ED

レンズプロテクターも付けました。

MARUMI DHG 62mm

マルミのDHGレンズプロテクト 62mmです。

安心のMade in Japanです。

MARUMI DHG 62mm

一眼レフで撮影しました的な写真の一つとして、「ボケ」を活かした写真があります。周囲がピンボケになって、メインの被写体が際立つ撮り方なのですが、マクロレンズ(ニコンではマイクロと呼んでいる)を使うとそれが可能です。

しかもこのレンズは、マクロレンズの中でもかなり優秀らしいです。

で、オート(緑)で素人同然の私が撮った写真がこちら。

DSC_0013 DSC_0014

現像と呼ばれるソフトによる修正を加えていない、いわゆる「撮って出し」の状態です。

撮るのが楽しくなるような出来ばえです。(^^)

「標準ズーム」「マクロ」と来て、この後「広角」と「望遠」が欲しくなるわけですが、それはまた後日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。