プラグイン「Amazon JS」の設定でキャッシュディレクトリが作成できない

ブログに貼りつけるAmazonのアフィリエイトリンクなんですが、いちいちAmazonアソシエイツで作成してコピペしないといけないので面倒といえば面倒ですよね。

そして何よりも表示される時に

・美しくない(横並びにするには<div >タグを使ったりしないといけない)

・表示が不安定(表示されないときがある)

ので、折角WordPressでやっているのだから、何かいいプラグインはないかと検索したら

AmazonJS

というものがありました。

認証キー等を発行するのに米アマゾンにアクセスしてやりとりしないといけないのが面倒くさそうなのですが、まぁとりあえずインストールしてみることに。

設定はこちらの方のブログを参考にしました。

で、WordPressのAmazonJSの設定画面に切り替えると一番上の段に警告が出ています。

AmazonJS 警告警告! キャッシュディレクトリが存在しません
書き込み可能なディレクトリを /~レンタルサーバーのpath~/自分のサイト名/wordpress-3.9.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/cache/amazonjs/ に作成してください

で「ハイハイ、キャッシュのディレクトリを作ってパーミッション777にすればいいんでしょ。」と思って、ホームページビルダー付属のファイル転送ツールを使って作ろうとしました。

新しいフォルダ名に「wordpress-なんたら-undernavicontrol」と入力すると「作成できませんでした」というエラーが。別の名前(スペルミスしたもの(^^;)だと作成できるのに??

しょうがないからWindowsの「コマンドプロンプト」を使ってレンタルサーバーにFTPログインしてみることに。

mkdir wordpress-なんたら-undernavicontrol

と入力すると、すでにファイルがありますとエラーに。(-o-;??

ls -l

入力しても、ないよ??

では試しに

cd wordpress-なんたら-undernavicontrol

なんとチェンジディレクトリできた!

pwd

で確認すると、シンボリックリンクしてあるのか自分のサイト直下のwp-contentディレクトリにいることになっています。

あー、なるほどねーと。

WordPressでJetpackのプラグイン使っていて、UNIXに慣れてない人はハマりそうなので記事にしました。

要はFTPツール等を使って、すでにある「wp-content」ディレクトリ下に「cache」ディレクトリを作り、その下に「amazonjs」のディレクトリを作って、アクセス権を777に設定すればいいわけです。pathのjetpackなんとかの部分は無視してOKです。

一応解決事例を載せましたが、UNIXから遠ざかっているから詳しいことは書けません。orz

AmazonJSを導入した感想ですが、導入に手間をかける価値はあります!おススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。