8+8=15? Excelでの小数点の処理について

Excelで表計算をしていたら、ある2つのセルの合計が1違っていた。

要は小数点以下をどのタイミングで丸めるか、ということについて考慮していなかった。

セルA を計算式の結果として7.5、セルの表示設定で「数値・小数点以下を0桁」にしているとセルAの表示は8。

セルBも同じ状態。

ここでセルA+セルBを表示すると、内部的には7.5+7.5=15。

でも見た目で計算すると8+8=16。

セルA、Bを ROUND(計算式,0)にして先に丸めておくと、表示上も内部もイコールになって問題がなくなる。

セルの小数点以下の表示設定については、あくまでも「表示設定」であり、内部的には異なる数値を持ったままであることに気づかされた。