他人は自分を映す鏡

「他人は自分を映す鏡」という言葉があります。

今まで、何となくイメージで

「相手が自分に対して抱いている感情や取る行動は、自分の相手に対する接し方の結果である」

みたいに解釈していました。

この前、違う解釈もできることに気づきました。

それは自分の想定外の人に相対峙した時、普段出さない自分がでてくること。

それによって、見たくない、あるいは認めたくない自分(の一面)を見てしまうことになること。

マイナス面だけでなく、その逆も然り。

普段朗らかな自分が、ある人の前だとイライラする。

普段内気な自分が、ある人の前だと堂々と振る舞える。

自分で自分はこうだと思っているけど、それとは違う自分に気づく。

いろいろな人に出会うことは、いろいろな自分を知ることにつながりますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です